RSS
Admin
Archives

::::: T w e n t y P a w s :::::

犬達と猫と日々のこと、写真とともにひっそり綴ってます。

LATEST ENTRIES
全タイトルを表示
COMMENTS
Twitter
INFORMATION
paw001.gif便利です!! up
FC2ブログに複数の写真を
一括アップロードできます。

+++上野メモ帳+++さん作成
fc2upload.gif FC2ブログ用 ファイルアップ ロード1.0.4.2
(2011/09/28 up)

Vector FC2ブログ用ファイルアップ ロード1.0.4.2
あっという間にたくさんのファイルをアップロードできて、とってもとっても便利です。
paw001.gifHandicap Dogs
我が家の柴犬さむらいすざくについて。
paw001.gifげんぶ
2009年2月7日夕方、自宅の裏庭で地元警察の警官に銃で撃たれました。幸い命に別状はないものの、右前脚の肘関節を粉砕骨折し、手術を受けました。
カテゴリー”Gembu”に、その後の経過を書いています。
ARCHIVES
PROFILE

Author:SSSGC
アメリカ合衆国中西部、
住民約4千人の田舎町在住
東京都出身

>>家族<<
オット

ムスメ
長女
2004年春生まれ
二女 2006年夏生まれ

>>DOGS<<
せいるう 
秋田犬ミックス(2/28/2003) メス
・個人保護施設からアダプト

さむらい
白柴犬(5/4/2003) オス
すざく
赤柴犬く(5/4/2003) メス
・ブリーダーから購入

げんぶ
ミックス犬(3/14/2007) オス
ボーダーコリー・ポインター、ミックス(たぶん)
・生後週数で、ドッグヤードに入ってきたのを保護

ちゃこ
茶狆(10/06/2007) オス
・飼えなくなったと売りに出されていたのを購入。
12/28/2010 虹の橋へ。

5頭とも虚勢・避妊手術をしています。

>>CAT<<
ドミノ 
黒猫、裏白(誕生日不明) オス
・外暮らし
(近所で飼われていたが放置され、毎日我が家の庭へ来るようになったので、餌と水を用意。元飼い主が「欲しかったら連れて行っていい。」と言ったと、ムスメタチ談。)

CATEGORIES
TRACKBACKS
FC2 COUNTER
QR
QR
SEARCH
TOOLS
TOKATAKU

Thank you.
RSS LINKS
Cool Dog Site
CoolDogSite!!  
2008年4月23日に選ばれました。
blogram
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
--.--
--


--:--
Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手
2010.07
25
CM:2
TB:0
13:53
Category : Twenty Paws
また、犬のことで、自ら問題を起こしてしまった。
落ち込んでいる。

毎月の役場の職員が来る電気メーターの検針。
若い職員が検針している日に、ゲートの鍵を外しておいても、中に入ってチェックする事は無いということなので、もう鍵を開けておくのはやめた。
若い職員が検針しなかった家は、後日上司が来て、チェックしていく。

毎月22日が検針日で、それ以降の2~3日の間に、上司の職員がドアを直接のノックしてくるので、ドッグドア閉め、ドッグドアのある裏のドアも閉め、家の中のドアも閉めと、2重にドアを閉めて、犬達が外に出ないようにしてから、ゲートのドアを開けて、フェンスの中に入って、直接検針してもらっている。

今までは大抵昼前後だったのに、今月の23日の朝は、8時30分ごろにドアをノックされた。
今日は親族が泊りがけで遊びに来るので、昨夜はムスメたちが寝た後に掃除や片づけをしていて、寝たのは明け方4時。
わたしは起きたばかりのパジャマ姿で、ウサギハウスの掃除をはじめたところだった。バスタブでシャワーを流しながら、ゴシゴシやっていたので、ドアをノックされたのは気がつかなかったが、犬達が騒いだので、「あっ、メーターチェックだ。着換えてないのに嫌だな。」」とそんなことを思いながら、ぼんやりした頭で、そのまま玄関に行き、ゲートの鍵を持って外に出て、ゲートを開けて、上司の職員がフェンスの中に入っていった。
わたしがフェンスのところに立って、職員が庭を歩き、ドッグヤードのゲートに辿り着くのをぼんやり見ていたとき、げんぶはわたしの目の間の窓から、外を見て吠えていた。

が、職員がドッグヤードのゲート前に辿り着いた時、げんぶの声が向こうから聞こえ、犬達がドッグヤードに出ているのに気がつき、わたしは職員に向かって「Sorry。」と叫びながら、そちらへ向かって走り出した。

「あっ、ドッグドア閉めるの忘れた!!」と気がついたときには、既にとき遅し、知らないやつが庭に入ってきたと、犬達大騒ぎ。げんぶは、ワイヤーのネットの向こう側で、垂直とびをして、激吠。

そんな状況なのに、その職員、ゲートのハンドルに手を掛け、ガチャガチャやって、ゲートを開けようとしているので、犬達はさらに大騒ぎ。
ゲートを開けようとしていると思った次の瞬間、ゲートを開けやがった。が、間一髪、それと同時にわたしが辿り着き、ゲートを押して閉め、踵を返して、表のドアから家の中に入って、犬達を大声で呼びながら、バッグドアへ行き、全犬を家の中へ入れて、ドッグドアを閉め、また外に、、、が、職員の姿も車もなくなっており、ゲートへ行って見たら、全開のまま。

ああああ、大失態。
気が緩んでた。
ものすごい自己嫌悪で、頭がぐらぐらし、心臓がバクバクし、吐き気がした。
げんぶ、ごめん、真っ先に思った。

ゲートの鍵は掛けずに、ドッグドアも二重に閉めて、自分でメーターを見て、数値と一緒にこんなことを書いて、表のドアに張っておいて。
「GATE OPEN
DOGS KEEP INSIDE
METER IS XXXXX」

昼頃、郵便物のチェックに出たら、ドアの紙が無くなっていたので、飛ばされたかなとあちこち見て回ったけど、見あたら無い。職員が持って言ったと判断し、ゲートを施錠し、ドッグドアを開けた。

午後3時ごろ、ドアをノックする音。
親族が到着したのかと思ったら、ムスメたちが「違うよ~。」と。

ドアを開けてたら、ポリス。また、心臓バクバク。
「オットさん、いますか? 話しがしたいんだけど。」
「いえ、まだ帰宅してません。何か問題ですか。」
「いや、問題じゃないのですが、役場のほうから電気のメーターチェックのこと、今朝のことで話しをして欲しいと依頼があったので。」
「犬のことですか?」
「いや、犬のことじゃないし、トラブルでは無いから。役場から、話をしてくれと依頼があったから、話をしにきただけです。」、、、本当か?

ポリスがこういうので、今朝、検針に来た時に、ドッグドアは閉めてあったけど、ドアがきちんとし待てなくて、犬達が押して外に出てしまい、職員に向かってドッグヤードの中から騒ぎ、職員がメーターのチェックが出来なかったと、今朝の出来事を説明。
(ポリスには、ドッグドアは閉めてあったが、ドアがきちんと閉まっていなかったので、犬達が押して開けたと説明をしました、話し作りました、ごめんなさい。)

役場の職員は全員、げんぶの銃撃事件のことがらみで、我が家のことを嫌っているから、フェンスを立てた後、ず~~~~~~~~~~~~~~~~っと、メーターチェックのことで、ごたごたが続いている。
でも、こちらはトラブルになりたくないので、向こうの意向を聞き対応しているつもり。
メーターをチェックしに来ると指定してきた期間(なんで4日間も?それも役場が休みの土曜日も含んで)、わたしは午前7時30分から午後4時40分までゲートの鍵をはずし、ドッグドアを2重に閉め、外出せずに待機していたが、その間に来なかった。(後日、たまたま鍵をかけていない時に、庭に入られた。)
そうやって、こちらが対応しているのに、指定した期間に来ず、メーターをチェックさせないと言われて、こちらも迷惑している。

犬達が外に出てしまい、メーターチェックが出来なかったのは、今朝が初めて。意図的にしたのではなく、アクシデント。犬達は、知らない人間が自分たちの庭に入って来たので、ドッグヤードの中で騒いでいた。吠え声は大きかったが、唸ったり、威嚇したり、危害を加えたわけではない。

などなどを伝えると同時に、

職員はげんぶが危険動物として登録されている事、他にも犬がいると、もちろん知っている。
今朝、わたしがゲートを開けて職員がドッグヤードのところへ辿り着く前に、犬達がそこにいることに気がついたのに、わたしに何も言わなかった。
それどころか、ドッグヤードの中に入ろうとした。犬達が騒ぎ、とても中に入れる状況ではないのに、ゲートを開けようとし続けるので、犬達はさらに興奮し騒ぎが酷くなった。それにも関わらず、最終的にゲートを開け、犬達がゲートから飛び出してきそうになった。
こんな状況なのに、中に入って行って、メーターをチェックしようと思っていたのか?
犬達が騒いでいるのを見たら、その場を離れて、犬がいて入れないと言うのが普通じゃないのか?
あの職員は、どうしたかったのか、ナゼ、あの状況でゲートを開けたのか理解できない。さらに、我が家を離れる時、表のゲートは開けたまま、行ってしまった。
犬を外に出してしまったのは、わたしの失態だが、犬がいるとわかった時点で、わたしに声を掛け、その場を離れるのが普通の対応だろうと考えるし、それをせず、ドッグヤードのゲートを開けたことに対しては、わたしは変だと感じている。

と、こちらもちょっと文句をポリスに。

ポリスは、オットに話しをしたいそうなので、わたしには業務としての話はしなかったのだが、
「役場のほうは、毎月電気のメーターをチェックするのに問題が起きている、今回のことで、堪忍袋の緒が切れた。この状況を続けるなら、もうメーターはチェックしない、電気を切ると言ってる。」と。

ポリスが来た時、
「犬が5頭いた。」と、職員から報告があり、違反している。
(一軒につき犬・猫それぞれ4頭まで、それ以上の場合は隣接する隣人の承諾を得、役場に申請し許可を得たケンネルライセンスが必要。ちなみに我が家は、隣接する西北の4件からは絶対に承諾は得られないし、たぶん役場が許可を出さないだろうから(推測) 取得不可。)
危険動物に登録されているげんぶが繋がれずに外に居たのは違法、、、など、犬のことできたと思った。

でも、ポリスは、そうではない、トラブルではないと繰り返し、オットと話しをすると言って、わたしには公式の話はしないので、本当にトラブルじゃないのかどうか、今の時点ではわからなくて、不安。

自分の巻いた種、自分の不注意、自分の気の緩み、ぜんぶずべてわたしの責任・・・。
本当にトラブルでありませんように。
↑検針できないから、電気止めるというのも,大問題なのだけど・・・。



あっ、そうだ、検針トラブルで、この前の書いてた分があった。


4月に、フェンスのゲートは施錠してあって、手前に大きな木があるので、フェンスの外から電気のメーターが読めないと、役場から苦情の手紙が来た。
手紙に、役場へ担当者Dに電話してこいと書いてあったので、オットが電話したら、その担当者の女性Dが、
「フェンスが立ててからメーターが読めなくて、こっちの業務に支障が出ていて、困る。」
「じゃあ、ガスのメーターみたいに、オートで記録するメーターに変えたらどうだ?それとも、フェンスの外から読める場所に移動したら?」
「あんたが勝手にフェンス立てて、読めなくしてるんだから、そっちが費用出して、メーターの場所移動しなさい。」
「いや、読めなくて困ってるって言ってるのはそっちなんだから、そっちが費用を出して好きな場所に移動させればいいだろ。フェンスを立てた後、メーターのチェック日には、ゲートから入れるように鍵を外しておいた。で、メーターを読み終わった後、ゲートをきちんと閉めないで、開いたままになっていたことが、 2回あった。出かけて帰ってきたら、ゲートが開いたままになっていたんだ。こういうことがあって信用できないから、鍵は常につけておくようにしたんだ。もし、ゲートが開けっ放しになっていて、うちの犬達がゲートの外に出たら、あんたたち銃で撃つだろ。」とオットが言い返したら、担当者D 、電話口でキレたらしい。
が、こんなやりとりしてても埒が明かないので、実際メーター読みを担当しているスーパーバイザー(上に書いている上司の職員)のおっさんが折り返し電話してくることになり、終了。

結局、そのおっさんと話しをして、メーターを読む日22日前後、我が家のゲートの鍵を外して、ドッグドアは閉めたまま、犬達がドッグヤードに出ないようにして、担当者がフェンス内に入ってメーターを読むことに。
その時は、メーターを読みに行くのは水曜から土曜の4日間。この間は午前7時30分にゲートの鍵をはすして、午後4時30分に施錠。犬達が、どうしても外に出たがったら、わたしが一緒に外に出て、監視氏、連れて中に戻るということになって、わたしは4日間、それを続けた。
で、結局、この4日間にメーター読みに来なかった。

翌日の日曜日の夕方、ゲートの鍵を開けたまま、施錠し忘れていたら、月曜日の朝、フェンス内に入ってメーターを読んで行ったらしいのだ。日曜日に雨が降って、地面が緩んで、ゲートの裏表の地面に、我が家のものではない靴の足跡がついていたので判明。
そういえば、げんぶが窓に向かって小さく唸ったり、気にしたいたので、アレッと思っていたのだけど。
一緒に寝ていたので、外に飛び出していかなかった、本当によかった・・・。
もうねぇ、メーター読むのに4日間も指定しておいて、実際来ないでさぁ。

ちなみに担当者D、ポリスチーフの妻。犬の散歩で、絶対に糞を拾わないおばさん。
役場の窓口担当の女性陣はDの同僚だから、みんなわたしたちのことを嫌っているので、用事があっていくと、あからさまに”あんたのこと嫌い”の態度。

その後、5月・6月、メーターを読む22日は、朝、ゲートの鍵を開け、夕方閉めるようにしていたのだけど、結局鍵を開けておいても、担当の庭のものを勝手に持って行く若いニイチャンは、庭に入ってメーターを読まず、後日スーパーバイザーがトラックの荷台に立ったりして、フェンスの外から双眼鏡でメーターを読んでいたらしい。

5月の請求が来た時、あまりに高いので、びっくりしてメーターを確認したら、その時点で81016。請求書はメーターチェック日が、その日の前日で82117、どうやってそんな数字になったんだ?

6月は、木の葉が茂って、どうにも読み取れなかったらしく、スーパーバイザーが、ドアをノックしてきて
「メーター、読んできてくれる?」と聞かれたので、
「自分で行って、読んできて下さい。」とゲートを開けて中へ入ってもらった。

フェンスを設置した直後は若いニイチャンが自分で読まなくて、スーパーバイザーが何度か尋ねてきたので、それ以降、22日の朝の数字を紙に書いて、水道のメーターのところに貼り付けておいたら、その数字を写していって、請求書が届くようになったので、数ヶ月それを続けた。が、暖かくなって、庭に出て、土いじりをしている時、若いあんちゃんでもスーパーバイザーでもないおっちゃんが、別のことで水道メーターを見に来たことがあり、その時に
「電気のメーターは、わたしが見てきましょうか?」と聞いたら、
「今日は、メーターの数字を見に来たんじゃないんだ。ところで、メーターを読むのは、ちゃんと職員が自分の目で見ないと、違法なんだよね。だから、書き出すのはやめて、ちゃんと見てチェックするようにして欲しいんだ。」と注意された。

デモさ、自分たちで見ていかないんだよ。
スーパーバイザーだって、「見てきてくれる?」って言ってるし・・・。



月に一度のメーターチェックなのだけど、なんともストレス。
ア~ア、裏道にある我が家に配線してる電柱、傾いてきてるから、あれが倒れかかって、立て替えがひつようになって、その時に我が家のメーターも何とかならないかなぁ、、、などと、真剣に考えてしまう。

げんぶが撃たれた時に、オットが、発砲したポリス、その上司のポリスチーフのことを「嘘を言っている。」と言い、それを地元新聞の編集長が記事にしたので、上にも書いたようにポリスチーフの妻が勤めている役場は、全員が我が家のことを嫌っている。だから、検針に関しても、目の堅きにして過剰な反応をしているように感じる。げんぶ絡みのことがなかったら、フェンスを設置して検針が出来なくても、こんなに過剰に反応はしないだろうなと。

お向かいのMr.Tは、倉庫に置いてあった販売商品の工具を若い職員が検針時に盗んでいったのがわかってから、若い職員が敷地内に入るのを拒否、なので上司が検針。しばらくはゲートに施錠していたので、中に入れずメーターが読めないと、上司の職員がわたしにブツブツ言っていた。Mr.TもMrs.Tも、仕事に行って日中は留守。メーターが読めないと、表のドアをノックするけど、ふたりとも不在なので、チェックしないで行ってしまったりしていたけど、我が家のように苦情はない。
Mr.Tはここに住んで長く、メイヤー(町長)をはじめ知り合いが多く、あちこちに顔が利くので何かと頼られることが多いリーダー的存在、上司の職員も、なんと言うか一目置いているというか、ごたごたしたくないという感じ。
それに比べ、新参者でわたしはアジア人の我が家。さらに、げんぶのことがあって、オットが、いろいろ言ったので嫌われ、下に見られ、そういう扱い。世の中そんなもの仕方ない、でも、だからと言って、自分たちの職権を利用して、グジグジとやれるのはたまらない。

そうそう、Mr.Tのメーターは、全面チェーンリンクの側から7~8メートルのところにある。さすがに肉眼では無理だけど、望遠鏡を使えば検針できる距離・位置なのに、それをしないで、読めない読めないって。

そういえば、思い出した!!
フェンスを設置する前は、チキンワイヤー(120センチメートルの、細いワイヤーのネットフェンス)で、ドッグヤードを作って、ドッグドアを設置し、せいるう・さむらい・すざくが、自分たちで出入りできるようにした。その後、ゲートの部分の隙間が開きすぎて、すざくがそこから出てしまうので、赤ちゃん用の安全柵を取り付けゲートの開閉が出来なくなり、ドッグヤード内に出入りできなくなった。

ある日の朝8時ごろ、まだ寝ていたときに、頭の上の窓から、ガンガン叩く音がして、何が起きたのかわからず、飛び起きたことがある、あの時は怖かったなぁ。
その時は、誰なのか、ナンなのかわからなかったけど、検針に来た職員が、ドッグヤード内に入れ無いからと、自分で検針せず、わたしとムスメたちが寝ていた部屋の窓をガンガン叩いたらしい。飛び起きて、玄関横の窓から外を見ると、作業着の男がトラックに乗るのが見え、後日、それが検針の職員だとわかった次第。
玄関じゃなくて、部屋の窓を叩くって、、、こういうこともあったので、いずれフェンスを設置と決めた。

ドッグヤードのワイヤーの外から、メーターまで5メートルぐらい、肉眼で読めない見えないからってことらしいのだけど、犬の問題が無かったので、見えないなら望遠鏡使うなりしてくれと、スルー。

フェンスを設置した時に、検針できないし、庭に入られるのが嫌だから、家の壁から2メートルぐらいの所にフェンスを立て、表のゲートから壁沿いに裏のドアの脇のメーターまで、検針用通路を作ろうかという話も、オットとしていたのだけど、ムスメたちの部屋の窓の下を歩かれるのは気持ち悪いので、やめた。



オットがポリスと話をしていないので、現時点でどういう展開になるか予想もつかないけど、来月の検針は誰が来るのかな?????

Mrs.Tに話しをしたら
「もう、上司のほうは、顔出さないわよ、きっと。」って、笑ってた。

わたしにとっては今回のことを教訓に、上司の姿を見たら、絶対にドッグドアを閉めてから、ゲートを開けると思ううので、案外、そのほうがいいかもしれないなんて思ったり。

本当に、ポリスの言う通りトラブルではなく、法的な犬のことでは、犬達に何か起きないように、切符を切られることがないよう、出廷なんてことにならないよう、願うばかり。
すべて自分のしでかしたことなのだけど・・・。

メーターも、本メーターと連動させて、外付けで検針できるものがあるとかないとか。
そういうものを設置できて、職員が庭に出入りしなくなって欲しい。
ちなみに、ガスのメーターは、人が検針しなくても、ガス会社がメーターから送られた数値で請求を送ってくるし、以前すんでいたところは電気もそういうメーターだった。
住民が勝手にフェンスを立てて、検針が出来ないようにしてるんだから、役場は絶対に自分たちで費用を出してメータの場所を変えたり、自動メーターの設置はしないんだそうな。

じゃぁ、フェンス立てるの許可スンナっての。



金曜日の午後3時過ぎ、ポリスが訪ねてきたすぐ後に、10歳と7歳の女の子ふたりと、そのお母さんが我が家に到着。ムスメたちとあわせ、4人の女の子がキャ~キャ~騒ぎ通しの金・土・日。
7人分の食事を、金夜・土朝・土夜・日朝と作り、片付けをするのに、ほぼ全日キッチンに。
水曜日から、家の中の掃除と片付けの最終仕上げもして、連日睡眠時間が4時間ぐらい、さすがに疲れたぁぁぁ。
(週のはじめから、やっていたのだけど、きれいにしても、ムスメたちが遊んだり散らかして、結局来る前日と当日に、シーツや枕カバーの洗濯をしてベッドメーキングしたり、掃除機かけたりしないと、きれいな状態にならない~。)
金曜日の朝には、こんなことが起きて、軽くうつ状態。その後、ばたばたで、気になるけど、そこまで頭がつかえない状態で過ごしていたけど、日曜のお昼過ぎに帰って行って、今はまた、ナンであんなことしてしまったんだ、今後どうなるのだろ、犬達は、、、いろいろ考えて、胃がキュゥッとなる感じ。

いけないね、人の中傷をしては。
他人さまのことを、批判したり中傷したり、悪いことが起きればいいのになんて考えたりすると、必ず自分にも大なり小なり、似たような問題が起きる。そういうことは、言ったり思ったりしてはいけないってことナンだ、最近、そんなことを考えていたのが、今回やっぱりそうだと思った。
web拍手

Comment

非公開コメント

るんるんさん

そうですよね、気をつけないといけませんよね。
げんぶが巻き込んだって、それが一番、気掛かりでしたが、ポリスの言っていたとおり、犬の件はではなく、メーターを移動させろということだったので、今回は運がよかったとほっとしてます。

ルーシーさんの件も、大変でしたでしょ・・・。
周囲を囲ったり、対策していても、外部の人たちの想定外の行動で、大変なことになることもありますから、いろいろ難しいですよね。

子供の時、駐車場の地主宅に借賃を払いに行った時、玄関を開けて土間から「ごめんくださ~い。」って言ってました。
でも、今は、いきなり玄関開けたら、非常識だって思っちゃいますよね・・・。

No title

犬を多頭飼いしていると
気をつけなくちゃいけないことがいっぱいです

げんぶちゃん無事で何より
我が家は一番最初にルーシーさんが
やってくれたお陰でかなり厳重な囲いしました
お金はかかったけど一先ず安心
でもこの辺は田舎なのか
いきなり玄関開けるひと居るから要注意です

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。