RSS
Admin
Archives

::::: T w e n t y P a w s :::::

犬達と猫と日々のこと、写真とともにひっそり綴ってます。

LATEST ENTRIES
全タイトルを表示
COMMENTS
Twitter
INFORMATION
paw001.gif便利です!! up
FC2ブログに複数の写真を
一括アップロードできます。

+++上野メモ帳+++さん作成
fc2upload.gif FC2ブログ用 ファイルアップ ロード1.0.4.2
(2011/09/28 up)

Vector FC2ブログ用ファイルアップ ロード1.0.4.2
あっという間にたくさんのファイルをアップロードできて、とってもとっても便利です。
paw001.gifHandicap Dogs
我が家の柴犬さむらいすざくについて。
paw001.gifげんぶ
2009年2月7日夕方、自宅の裏庭で地元警察の警官に銃で撃たれました。幸い命に別状はないものの、右前脚の肘関節を粉砕骨折し、手術を受けました。
カテゴリー”Gembu”に、その後の経過を書いています。
ARCHIVES
PROFILE

SSSGC

Author:SSSGC
アメリカ合衆国中西部、
住民約4千人の田舎町在住
東京都出身

>>家族<<
オット

ムスメ
長女
2004年春生まれ
二女 2006年夏生まれ

>>DOGS<<
せいるう 
秋田犬ミックス(2/28/2003) メス
・個人保護施設からアダプト

さむらい
白柴犬(5/4/2003) オス
すざく
赤柴犬く(5/4/2003) メス
・ブリーダーから購入

げんぶ
ミックス犬(3/14/2007) オス
ボーダーコリー・ポインター、ミックス(たぶん)
・生後週数で、ドッグヤードに入ってきたのを保護

ちゃこ
茶狆(10/06/2007) オス
・飼えなくなったと売りに出されていたのを購入。
12/28/2010 虹の橋へ。

5頭とも虚勢・避妊手術をしています。

>>CAT<<
ドミノ 
黒猫、裏白(誕生日不明) オス
・外暮らし
(近所で飼われていたが放置され、毎日我が家の庭へ来るようになったので、餌と水を用意。元飼い主が「欲しかったら連れて行っていい。」と言ったと、ムスメタチ談。)

CATEGORIES
TRACKBACKS
FC2 COUNTER
QR
QR
SEARCH
TOOLS
TOKATAKU

Thank you.
RSS LINKS
Cool Dog Site
CoolDogSite!!  
2008年4月23日に選ばれました。
blogram
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
--.--
--


--:--
Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手
2009.03
10
CM:0
TB:0
23:08
Category : Gembu
本日は午後7時から、City council meething(町内会会議)があり、オット、わたし、そしてムスメたち二人、Mr & Mrs.Tも出席してきました。

議題の一つに、今回のポリスたちが犬たちを銃撃した件があるので、多くの人が集まりました。
(ほかの議題は、XXの道路に穴が開いたので修理予定とか、そういうことの報告)

この町には、ピットブルとロットワイラーは危険動物として登録し、危険動物飼育のルールに基づいて管理しなければならない条例があります。この条例は、そう古くないらしく、とある”犬を目の敵にしている犬嫌い”の元弁護士だかなんだかのジイサンが、ものすごいプッシュして成立させたとのだそうです。

そして、今日の会議にもこのジイサンは出席し、住民の発言の時間に、真っ先に手を上げて発言。
「私と妻はウォーキングを日課としているが、たびたびノーリーシュの犬に出会い、それはそれは恐ろしい思いをしている。いつもペッパースプレーを持ち歩いて、今までに何度も犬にスプレーしてきた。でも、ペッパースプレーは効果がない。今回、Mr.SSSGC(オット)の、ポリスに対する、非常に批判的な記事が新聞に載り、私はこの犬のオーナーたちの言葉に憤慨している。犬のオーナーたちはノーリーシュの犬たちが、どれほど、この町の住民を恐怖に陥れているか、わかっているのか?私は、ノーリーシュの犬たちを銃撃することに大賛成だ。ポリスの判断は正しい、今回の銃撃は、もちろん正当な行為だ。この場を借りて言わせてもらいます、ポリスの皆さん、ノーリーシュの犬を始末してくれてありがとうございます。これからも、よろしくお願いします。」

会場にいた人のほとんどは犬のオーナーで、ポリスの対応に不満や疑問を持っている人たちや、Taterちゃんのオーナーの家族や友人たちだったので、ブーイングが起こリました。

Taterちゃんのオーナーの女性は、泣きながら、「どうして、射殺する必要があったのか?わたしの犬は大型犬ではない、ピットブルではない、色は真っ黒だ。人に対して吼えたことなどない、おとなしい犬なのに、どうして追い詰めた挙句に、殺したのか文字色? フェンスの外に出てしまったことは、わたしたちの管理不足でした、本当にごめんさい。」と訴えました。
Taterちゃんのオーナーの男性は、「こっちのポリスリポートには2発、これには3発、発砲回数が異なり、ポリスリポートは正確とはいえない。内容も、事実かどうか疑わしい。」と。
(目撃者の話では、二発目を頭に受けて動かなくなったTaterちゃんに、さらに二発発砲、計4発発砲したと言う証言もある)

実際に、Taterちゃんのその現場にいた人たちの発言もあり、「散々追い掛け回して、地面に伏せた瞬間に歩み寄って発砲した。Taterちゃんは、ポリスに向かって、吠えることもせず、近寄ってきたので見ていただけなのに。銃で撃つ、それも射殺をする必要なんて、まったくない状況だった。」と証言。

この町でアニマルレスキューのホスターとして動物たちを保護している人、アニマルレスキューでボランティアしている人、大型犬のオーナーが、ポリスの行動に疑問をぶつけました。

我が家の裏の911コールをした男女も来ていて、ポリスレポートに書かれていたことと同じことを発言し、その裏の家の道を挟んだ向かいの女性も「そうよ、そうよ、あの犬はいつも外にて、わたしが車に乗ろうとすると、そばに来て吼えてたのよ!!」と発言していました。
(この2件は、げんぶが撃たれたあと、お互いに行き来しています。)

げんぶを撃ったポリスが書いたレポートに、「911コールをした男性は"あの犬はいつも道を歩いている人を追い掛け回していた。”と証言。」と書かれているのですが、この二人が越してきたのは、昨年の晩秋で、げんぶがフェンスを上れないように設置しなおした夏以降、外には出ていないのです。

今年の一月には、この裏の女性が落ち葉焚きをしていたので、オットがムスメたちをつれて挨拶に行くと、笑顔で自分の身の上話や孫のことをぺらぺらと話しました。このとき、女性は我が家側の路上で落ち葉焚きをしていたので、オットと話しをしているときに、げんぶがフェンスの中で立ち上がって、大声で騒いでいたので、オットがげんぶの話もして、女性もげんぶを見たので、げんぶがわたしたちの犬だと言うことを知っています。
その一ヵ月後、げんぶはこの女性と連れの男性に「どこの犬だかわからない。」と言われ、911コールされ、警官に銃撃されました。

女性と話してから銃撃されるまでの、約一ヶ月の間、げんぶがフェンスの外に出たのは、撃たれる2~3日前。その時は、外に出たのをすぐに見つけて呼んで、家の中に戻ってきたので、人を追いかけてはいません。
もし、いつも人を追いかけていたなら、オットが話しかけたときに、げんぶの話が出るだろうし、こういうことがあったと教えてくれるべきではないですか、裏の住人さん方。
それとも、いつかポリスを間にして、ぎゃふんと言わせてやると、手薬煉引いて待っていたのですか?

もう一人の「そうよ、そうよ。」の女性も、オットが仕事の車を置いている駐車場で、時々会うことがあって、笑顔で車の中から手を振っていた挨拶していたんですよ。もし、げんぶのことで何か問題があるなら、わたしたちに話してくれるべきではないですか?

みんな、わたしたちが、げんぶのオーナーだとは知らなかったから?
それはないです、オットはともあれ、わたしはここでものすごい目立つ存在で、多くの人がわたしの顔を覚えていて、どこに住んでいるか知ってるんですよ。
裏の住人たちが、わたしがここに住んでいることを知らなかったとは考えられません。

げんぶが、フェンスの外に出て、近所の人たちのそばに行って怖がらせていたかどうか、本当のことを知っているのはげんぶだけ、でも残念なことにげんぶから事実を聞くことはできません。
隣人たちがまったく同じことを言うので、げんぶが外に出て、本当にそういうことをしていたのが事実かもしれません。わたしたちはオーナーなので、なにか言っても、あまり説得力がありません。

でも、裏の住人の証言は、時間的に事実ではありません。
誰かが、げんぶのことをよく思っていない人たちに証言させている可能性があると、わたしたち側にいるの隣人たちが言っていました。
げんぶはフェンスの外に出ていたのは事実です、でも、これらの言葉は、証明はできないけど、明らかに事実ではないことを堂々と言っている部分もあります、嘘を言っていったいなにをしたいのでしょうか。

ちなみに、この911コールをした男性は自分の言い分の最後に「もし、わたしが逆の立場だったら、子供たちのことやペットのことで、同じ気持ちになるだろう。」と発言していました。

会議では
「きちんと犬を捕獲できるようにトレーニングした人を配属するべきだ。」
「ポリスにちゃんと、犬を捕獲するトレーニングさせろ。」
「簡単に銃を使わないように、管理しろ。」と、いろいろ意見が出たのですが、
「町として、犬のことに関して、何かする気は一切なし、今まで通り。お前らこそ、ちゃんと自分の犬を管理しろ。(なんて言葉遣いではありませんが)」という返答でした。
「これで、犬に関しての住民の意見はおしまい。通常の会議に戻ります。」と司会者が強制的に終わらせてしまい、それと同時に会場にいたほとんどの人がいなくなりました。

その後、通常の報告のようなことがあって、次にげんぶが「危険動物」であるかどうか、賛否をとる時間に、でも、もうわたしたち家族と。
ヒューマンソシエティーの代表が同席していて、町の条例を読みげて、「これらの危険動物としての判断基準から考えると、今回のケースは該当しないと考えられますが。ポリスチーフ、危険動物判定基準、一番には該当しますか?」などと話し、最終的に、町長をはじめとす街のトップ職員たち全員が「危険動物である」に挙手し、げんぶは「危険動物」にされました。

危険動物判定基準3項目あるうち、2項目は該当しないのですが、上にも書いているとおり、この職員たちとポリスは公私共につながりが強いので、ポリスの判断に同意したように感じます。

「犬のことで、やってられないよ。」と思っているのが表情に出ているの、町長の下の位置にいるミニストリーが、誰かに「あんたのところにだって犬がいるじゃない。」と言われたら、「わたしの犬は9ポンドですから。」と発言したのには、呆れました。

他の人たちの意見がすごいのと、英語なのと、自分が考えていることを発言して、自分たちにマイナスになるようなことになったらと思って、この場で発言する事はしなかったのですが、わたしが犬のオーナにも、犬嫌いの人にも考えて欲しいのは、

もし、犬がノーリーシュでうろうろしていて、それを見つけた人が911に通報し、ポリスがやってきたとき、その犬が自分の敷地内に入ったり、ポリスが追い込んだりして、周囲の状況を確認せずに、自分の家のすぐそこで発砲したら、どう思いますか?
フェンスの向こう側、木の陰や、茂みの向こうに、自分や自分たちの家族、子供たちや孫がいたら。子供たちがポリスカーを見つけ、家の中から飛び出して見に行ったときに、発砲したら。
引き金を引こうとしたときに、犬がポリスに飛びついて、コントロールが狂えば、銃弾はどこに行くかわかりません。
もし、わたしたちと同じような状況で、あなた自身にポリスが発砲したとしたら、怒りと恐怖を感じませんか?

と言うことです。

安全確認をしたとは思えない状況で発砲したことについて、この発砲は極まりなく危険であり、わたしたち家族や、他の住民たちはポリスの銃弾によって、危険な状況にさらされた事実に、わたしは怒りと恐怖を感じずにいられません。
犬だろうが人だろうが、いとも簡単に銃を抜く、ポリスの行動には恐怖を感じます。

今回、わたしの犬が撃たれた状況は、
・銃口は我が家の方向をさしていた
・銃声を聞いた約10分前までムスメたちは家の外に出ていた
・ポリスが発砲した位置からは、フェンスの向こう側(家のバックドアまでの約10メートルの部分)は、見えておらず、そこになにがあるのか、誰かいるのか、わからない。
・ポリスは、車から降りると同時に銃を抜き発砲、フェンスの向こう側の安全確認はできる現場状況ではなかった。
・裏の住人の安全確保のための銃撃と言っているが、住人たちは発砲した警官の右側に立って発砲したのを見ていた。その時ポリスは発砲した一人だけ。牙を剥き向かってくるデンジャラスドッグ(ポリスリポートより)を目の前にして、とても安全な状況であったとは考えがたいなのに、どうして裏の住人たちは車の外に出て、さらに警官の横に立って、一緒にデンジャラスドッグを見ていたのか?
(裏の住人のリポートには、車で帰宅したところ、玄関の目の前に停めた車の周囲に犬が現れ、ドアを開けようとすると噛み付こうとするので、車から降りることができず、911コールをしたとなっているのに、なぜか車から降りて、ポリスの発砲を真横に立って見物していた。)

ポリスリポートには、こういう状況は書かれておらず、さらに発砲の前には、ペッパースプレーを3回噴霧したが、その後犬はさらに凶暴になり、ポリスに向かって行ったため、やむなく発砲と書かれています。(嘘つき・・・)

そういう状況だったことに関して、町の職員たちは、我関せずの態度でした。
あんたたちの馬鹿犬がしでかしたことでしょ、あんたたち、あの馬鹿犬の馬鹿オーナーの安全、そんなの知ったこっちゃないわよ。
こんなくっだらないこと起こして、メディアにまで情報流して、グチャグチャ騒いでんじゃないわよ、うざいったらありゃしない、けっ
、、、って、本当に、こういう態度でしたから。

ミーティングの前に、オットは裁判に出かけました。
げんぶが撃たれたとき、後から来た年配のスーパーバイザーのポリスふたりが、オットに「ノーリーシュ」の違反切符を切ったのです。
それの裁判があり、その件については無罪でした。発砲したポリスが到着した時点では、げんぶは自宅の庭内にいたので、自宅敷地内ではノーリーシュは違法ではないと言うことだそうです。
このとき、町の顧問弁護士の女性が、裁判官が上記の理由で無罪だが、どう思うかと意見を求めたら、納得いかないような態度をとったそうで、オットが「BiXch」と怒ってました。

もう、まとめられないので、この辺で終わりにします。

追加
帰宅後、長女が一人でゲームをしながら
「Why everybody said Gembu is dangerous dog!! He is really good boy!! I can not understand!!」(
なんで、みんなげんぶの事を危険犬だって言うの!! げんぶはとってもとっても利口な良い子なのよ!! なんでそんなふうにいうのか、わからない!!)と怒っていました。
 
長女、今日は5歳の誕生日でした。
二女とふたりで、誕生日ケーキを作りました。
午前中は、ストアに行って、自分でプレゼントを選んで、楽しくしていたのですが、午後からばたばたになり、ケーキのろうそくに火をつけたのは、会議から帰宅した午後9時過ぎ。
ちょっと、かわいそうな誕生日でした。

P3100296.jpg
web拍手

Comment

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。