RSS
Admin
Archives

::::: T w e n t y P a w s :::::

犬達と猫と日々のこと、写真とともにひっそり綴ってます。

LATEST ENTRIES
全タイトルを表示
COMMENTS
Twitter
INFORMATION
paw001.gif便利です!! up
FC2ブログに複数の写真を
一括アップロードできます。

+++上野メモ帳+++さん作成
fc2upload.gif FC2ブログ用 ファイルアップ ロード1.0.4.2
(2011/09/28 up)

Vector FC2ブログ用ファイルアップ ロード1.0.4.2
あっという間にたくさんのファイルをアップロードできて、とってもとっても便利です。
paw001.gifHandicap Dogs
我が家の柴犬さむらいすざくについて。
paw001.gifげんぶ
2009年2月7日夕方、自宅の裏庭で地元警察の警官に銃で撃たれました。幸い命に別状はないものの、右前脚の肘関節を粉砕骨折し、手術を受けました。
カテゴリー”Gembu”に、その後の経過を書いています。
ARCHIVES
PROFILE

SSSGC

Author:SSSGC
アメリカ合衆国中西部、
住民約4千人の田舎町在住
東京都出身

>>家族<<
オット

ムスメ
長女
2004年春生まれ
二女 2006年夏生まれ

>>DOGS<<
せいるう 
秋田犬ミックス(2/28/2003) メス
・個人保護施設からアダプト

さむらい
白柴犬(5/4/2003) オス
すざく
赤柴犬く(5/4/2003) メス
・ブリーダーから購入

げんぶ
ミックス犬(3/14/2007) オス
ボーダーコリー・ポインター、ミックス(たぶん)
・生後週数で、ドッグヤードに入ってきたのを保護

ちゃこ
茶狆(10/06/2007) オス
・飼えなくなったと売りに出されていたのを購入。
12/28/2010 虹の橋へ。

5頭とも虚勢・避妊手術をしています。

>>CAT<<
ドミノ 
黒猫、裏白(誕生日不明) オス
・外暮らし
(近所で飼われていたが放置され、毎日我が家の庭へ来るようになったので、餌と水を用意。元飼い主が「欲しかったら連れて行っていい。」と言ったと、ムスメタチ談。)

CATEGORIES
TRACKBACKS
FC2 COUNTER
QR
QR
SEARCH
TOOLS
TOKATAKU

Thank you.
RSS LINKS
Cool Dog Site
CoolDogSite!!  
2008年4月23日に選ばれました。
blogram
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
--.--
--


--:--
Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手
2009.02
07
CM:2
TB:0
21:12
Category : Gembu
静かな夜です。
P2071347.jpg

P2071358.jpg
今朝も、元気いっぱいに、ちゃこと遊んでいたげんぶ。
でも、今はげんぶが家にいません。
げんぶは、クリニックに入院しています。

ナゼ入院しているかと言うと、、、今日の午後遅くに自宅の敷地内で、警官に拳銃で撃たれて傷を負ったためです。


今日の午後、買い物に行って帰ってきて、荷物を運び込むために、せいるう・さむらい・すざく・げんぶをバックヤードの出して、はいってこられないようにドッグドアを閉めました。
荷物を運び込んだ後、ムスメたちが「お腹が空いた」というので、ピザをオーブンに入れたり、他の食べ物の準備をしたりして、ドッグドアを開けずにおきました。
外から、せいるうがドアをがりがりして、中に入りたがっているのが聞こえたけど、お向かいのMr.Tが、ムスメたちにバレンタインのギフトを持ってきてくれたので、「ちょっと待っててぇ。」と、まだドッグドアを開けずにいました。

その直後、外で、それもすぐそこでパンパンと2回破裂音がしたので、窓から見ると、若い警官が我が家の庭内で、家の方向に銃口を向けて銃を構えているのが見え、すぐに「げんぶが撃たれた。」と思い、バックドアを開けると、警官が立っているのとは反対のフェンスの外にげんぶが座っていました。
威嚇射撃したのかと思いながら、「警官がげんぶを撃った。」とオットに叫び、フロントドアを開けると、右足の付け根から、出血しているげんぶが中に入ってきました。
「なんてことだ、撃たれたんだ。」
オットもわたしも、素足で外に飛び出してみると、最近裏に引っ越してきた中年夫婦と銃を構えていた警官がいて、「犬がこちらに向かって唸ったので、撃った。」と。

裏の住人は、「犬が撃ちの裏庭にいたので、側に行ったら唸ってきた、だから911(日本の110番)に通報した。」
若い警官は「通報があったので来た、犬がこちらに向かって唸ったので、撃った。」

オットとわたし「あの犬が、うちの飼い犬だって知ってるだろう? なぜ、先に外に出ていると教えに来なかったんだ。」
裏の住人・男「どこの犬か知らない、うちの裏庭にいたんだ。側に行ったら、唸った。」

オット「唸っただけなのか?飛びついたり、噛み付いたわけでも、噛み付こうとしたわけではないのに、いきなり銃を抜いて撃つなんて、おかしいだろ!! まして、銃口はうちの庭の中、それも家がある方向に向けていたじゃないか!! 銃を発砲する前に、ほかになにか方法があるだろうが!!」

オットとわたしが若い警官に怒鳴り散らしていたら、その若い警官は「獣医に連絡を取って、ゴニョゴニョ。」と。

その後、年配の警官2人が来て、家の中に入ってきて、状況聴取をして、「犬は動物だから、人間に危害を加えるであろうと判断した場合、こういう処置になる。」と、なんだか必死にその若い警官をかばうような言動を繰り返して帰っていきました。

げんぶは、怖かっただろうし、傷も痛いだろうに、キャンキャン泣き喚くこともなく、パニックになることもなく、威嚇するわけでもなく、わたしの側に座って、「かぁちゃん、なんか変だよ。」といった顔をしてじっとしていました。

オットは、すぐに獣医に連絡を取り、げんぶを連れて行きました。
クリニックで、一回も声も出さず暴れることもなく、傷を洗ってきれいにし、処置をしてもらったそうで、獣医に「賢くて、いい犬だ。うん、本当にいい犬だよ。」と何度もほめられたそうです。

「前足の付け根に傷があって、関節を痛めていると後々障害が残る可能性がある。様子を見ないとわからないけど、もし関節の骨を処置するとなると3000~5000ドルの治療費になる。銃で撃たれたけど、ひどい傷じゃなくてよかった。またあの町か・・・。」
獣医は立場上、はっきりとは言わなかったけど、どうも、住んでいる町で何件も犬が撃たれて連れてこられているらしいと、オットが気にしていました。

お向かいのMr.Tはすぐに市長(一応市なので)に電話をして、「唸っただけの犬に2発も発砲した。」と話をすると「その状況で2発の発砲は必要なかった。この件に関して、私は非常にアンハッピーである。その警官は、明日仕事を失うだろう。」と言ったそうです。

お向かいのMrs.Tが「どうしたの。わたしが子供たちのこと見てるから。」といってくれ、二女を抱っこして「大丈夫よ、ダディーとマミーは忙しいから、わたしと一緒にいましょうね。」とムスメたちのことを見てくれたので、助かりました。

おとといぐらいから、気温が一気に上がって、日中は10度以上になり、夜間も氷点下にならなくなったので、猫が家の周りをうろうろ、リスやウサギなどの野生小動物も動きが活発になりました。
我が家の5頭も外に出て外気浴をしたり、みんなでプロレスをしたりして遊んでいたので、他の動物を目にすることが多く、そのたびに大騒ぎして、げんぶはフェンスをよじ登って、外に出てしまったので、補強していたのですが、今回また興奮してよじ登って出て行った結果、銃で撃たれるという最悪の事態にいたりました。

げんぶを守れなかったことが悔しいです。
もっと早くドッグドアを開けておけば、5分早く気がついていれば、フェンスをしっかり補強しておけば、げんぶが撃たれる事はなかったのに。

ごめんなさい、げんぶ。
げんぶの傷が治りますように、障害が残りませんように、そしてこれ以上、犬が銃で撃たれませんように。

撃たれた直後のげんぶの写真。
出血していますので、ご注意ください。
P2071361.jpg

P2071363.jpg

P2071367.jpg
web拍手

Comment

非公開コメント

初めまして。

yukiさん、初めまして!!
コメント、ありがとうございました。

ブログ、ちょこっと寄らせてもらい、あんじちゃんの可愛い姿を拝見しました~。フレンチブルは、こちらでも人気の犬種のようで、この田舎町でも、見かけます。プリプリ散歩している姿がまた可愛いですよね!!

げんぶの件は、本当に、ナンデ、です。げんぶは、今わたしの足元に寝そべってますが、同時期にポリスが銃撃したもう一頭は、射殺でした。それも無抵抗の犬をですよ。確かな情報ではないのですが、自分の庭でビーグル・テリアミックスが撃たれたという話も聞きました。
この町のポリス全体がe-3e-3e-3だし、連携している役場のほうも同様です。

銃を持っていれば使いたくなる、そういう単純な思考だと思います。それとも、犬がものすごく怖いのか。オーナーや、犬と暮らしている側からすると、考えられないことですが、ただの動物と思っていれば、別に何の感情もわかないのではないでしょうか。デモね、げんぶを撃ったコップは、犬飼っているんですよね・・・。それも、ボクサー系のごっついのを。

日本と違って、ポリスの立場もものすごく強いですから、そこにいる己に酔ってしまっているポリスたちは本当に傲慢だと思います。

銃社会、そうですよね、一般人が銃持ってますものね、いつどこで何かに巻き込まれて、自分や家族が撃たれるかもという不安や恐怖は感じます。特に、人の多い場所に行くときは、怖いですよ。

そうそう、銃社会とはちょっと違うのですが、こちらは、今がちょうどハンティングのシーズンなので、毎週新聞に10歳にならないような子供たちが、自分で撃って仕留めた鹿や七面鳥と一緒の写真が掲載されていて、ハンティングはスポーツなのだそうだけど、なんだかなぁと思ってしまいます。

なんだか、まとまらない返信で、ごめんなさい。
最近、更新停滞ですが、また遊びに来て、げんぶや他の4頭の元気な姿を見てくださいね。

許せません!!

初めまして
ワタシは日本でフレンチブルドッグと一緒に生活しています
ブログでコメントを交換させて頂いてるお友達からげんぶ君の事を聞いて読ませて頂きました
すごく悲しい現実です
日本にはありえない話なのですごく残酷だと思いました
げんぶは何も悪くないのに
アメリカの銃社会が理解できないのは日本でヌクヌク生きてきた私だからなのでしょうか・・・
げんぶ君を撃ったその警官に一言・・・もっと動物の命を考えて下さい
どういう気持ちで撃ったのか?その行動は当然ではない
良かった・・・げんぶ君の命が助かって
突然のコメントですみませんでした

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。