RSS
Admin
Archives

::::: T w e n t y P a w s :::::

犬達と猫と日々のこと、写真とともにひっそり綴ってます。

LATEST ENTRIES
全タイトルを表示
COMMENTS
Twitter
INFORMATION
paw001.gif便利です!! up
FC2ブログに複数の写真を
一括アップロードできます。

+++上野メモ帳+++さん作成
fc2upload.gif FC2ブログ用 ファイルアップ ロード1.0.4.2
(2011/09/28 up)

Vector FC2ブログ用ファイルアップ ロード1.0.4.2
あっという間にたくさんのファイルをアップロードできて、とってもとっても便利です。
paw001.gifHandicap Dogs
我が家の柴犬さむらいすざくについて。
paw001.gifげんぶ
2009年2月7日夕方、自宅の裏庭で地元警察の警官に銃で撃たれました。幸い命に別状はないものの、右前脚の肘関節を粉砕骨折し、手術を受けました。
カテゴリー”Gembu”に、その後の経過を書いています。
ARCHIVES
PROFILE

Author:SSSGC
アメリカ合衆国中西部、
住民約4千人の田舎町在住
東京都出身

>>家族<<
オット

ムスメ
長女
2004年春生まれ
二女 2006年夏生まれ

>>DOGS<<
せいるう 
秋田犬ミックス(2/28/2003) メス
・個人保護施設からアダプト

さむらい
白柴犬(5/4/2003) オス
すざく
赤柴犬く(5/4/2003) メス
・ブリーダーから購入

げんぶ
ミックス犬(3/14/2007) オス
ボーダーコリー・ポインター、ミックス(たぶん)
・生後週数で、ドッグヤードに入ってきたのを保護

ちゃこ
茶狆(10/06/2007) オス
・飼えなくなったと売りに出されていたのを購入。
12/28/2010 虹の橋へ。

5頭とも虚勢・避妊手術をしています。

>>CAT<<
ドミノ 
黒猫、裏白(誕生日不明) オス
・外暮らし
(近所で飼われていたが放置され、毎日我が家の庭へ来るようになったので、餌と水を用意。元飼い主が「欲しかったら連れて行っていい。」と言ったと、ムスメタチ談。)

CATEGORIES
TRACKBACKS
FC2 COUNTER
QR
QR
SEARCH
TOOLS
TOKATAKU

Thank you.
RSS LINKS
Cool Dog Site
CoolDogSite!!  
2008年4月23日に選ばれました。
blogram
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
--.--
--


--:--
Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手
2005.04
14
CM:0
TB:0
18:02
Category : Twelve Paws
遅い朝ごはんというか早いお昼ご飯というかの食事を午前11時過ぎに終えて、長女とわたしはリビングでのんびり。3頭は玄関のガラス戸越しに外見て、まったり。

その時、3頭がいっせいに動き出して、せいるうはガラス戸を押し開けポーチへ。隣のタイガーとエンジェルが外に出てきたのか、それとも猫が歩いているのと思った、次の瞬間、さむらいとすざくは家の中を見て興奮している。2頭の動きに「なんだか変だ。」と思い、長女が移動しないようにベビーゲートを立ててあったこちら側から、キッチンのほうを見たら、クロボクが!!

ゲートをどけて玄関から外へ出そうとしたら、さむらいとすざくがクロボクにちょっかいを出し、クロボクも興奮して家の中をドタドタバタバタ。「外へ行け!!」といっても聞く様子もなく、家の中をあっちへこっちへ、仕方ないので胴を叩き、「出て行け。」と怒鳴り、玄関のほうへ誘導しようとしたら、食後でご機嫌の長女が座っていたリビングへ飛び込んで行き、長女を踏み潰しそうになった。でかい身体で長女の事を押したので、長女は恐怖で泣き叫び、どこか怪我でもしたのではないかと思うほど。

特に怪我をしている様子はなさそうだったので一安心。長女を抱き上げ、玄関を開けてポーチへ出したけど3頭がまとわり付いて、手に負えない。と、クロボクはフェンスの隙間から地面へ飛び降りて、隣のフロントヤードへ。

わたしも長女を抱いたまま、階段を下りてクロボクを捕まえ、前回使用したロングワイヤーがそのままになっていたので、そこへクロボクを繋いだ。が、ワイヤーが長いので、クロボクはポーチへ上がってそこでくつろいで横になったりしていたので、ワイヤーを短くしようと、長女をポーチに置いてあるベビーカーに座らせて、ワイヤーを短くしていたら、クロボクが後脚で立ってじゃれ付いてくる。それを見た長女が再び、いつもとは全く違う、引きつったような恐怖の大泣き。

ワイヤーを短くして、あちこち動き回れないようになったクロボクをポーチから見ていたら、隣の住人が(十代後半と思われる女)が「それ、うちの犬~。」とリーシュを片手にクロボクのところへ来た。

知ってるわよ、そのでかい犬があんたんちの犬だってこと!!これで、3度目よ不法侵入!!と思いながら、「家の中に勝手に入り込んで、娘に怖い痛い思いをさせたのよ。次はアニマルコントロールに電話するから!!」と、警告。
本当は今日アニマルコントロールに電話したかったけど、オットに連絡したら警告して、次にしろと言われたので、その通り警告した。
で、その人、「オ~ライト。」と言っただけ、謝罪はなしかい!!

この後、わたしは怒って興奮し血圧が上がったらしく、頭がズキンズキンしガンガン痛くなった。
犬が大好きな長女、でもクロボクは大嫌いになった。クロボクを見ただけで、大泣きをする。
web拍手

Comment

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。