RSS
Admin
Archives

::::: T w e n t y P a w s :::::

犬達と猫と日々のこと、写真とともにひっそり綴ってます。

LATEST ENTRIES
全タイトルを表示
COMMENTS
Twitter
INFORMATION
paw001.gif便利です!! up
FC2ブログに複数の写真を
一括アップロードできます。

+++上野メモ帳+++さん作成
fc2upload.gif FC2ブログ用 ファイルアップ ロード1.0.4.2
(2011/09/28 up)

Vector FC2ブログ用ファイルアップ ロード1.0.4.2
あっという間にたくさんのファイルをアップロードできて、とってもとっても便利です。
paw001.gifHandicap Dogs
我が家の柴犬さむらいすざくについて。
paw001.gifげんぶ
2009年2月7日夕方、自宅の裏庭で地元警察の警官に銃で撃たれました。幸い命に別状はないものの、右前脚の肘関節を粉砕骨折し、手術を受けました。
カテゴリー”Gembu”に、その後の経過を書いています。
ARCHIVES
PROFILE

SSSGC

Author:SSSGC
アメリカ合衆国中西部、
住民約4千人の田舎町在住
東京都出身

>>家族<<
オット

ムスメ
長女
2004年春生まれ
二女 2006年夏生まれ

>>DOGS<<
せいるう 
秋田犬ミックス(2/28/2003) メス
・個人保護施設からアダプト

さむらい
白柴犬(5/4/2003) オス
すざく
赤柴犬く(5/4/2003) メス
・ブリーダーから購入

げんぶ
ミックス犬(3/14/2007) オス
ボーダーコリー・ポインター、ミックス(たぶん)
・生後週数で、ドッグヤードに入ってきたのを保護

ちゃこ
茶狆(10/06/2007) オス
・飼えなくなったと売りに出されていたのを購入。
12/28/2010 虹の橋へ。

5頭とも虚勢・避妊手術をしています。

>>CAT<<
ドミノ 
黒猫、裏白(誕生日不明) オス
・外暮らし
(近所で飼われていたが放置され、毎日我が家の庭へ来るようになったので、餌と水を用意。元飼い主が「欲しかったら連れて行っていい。」と言ったと、ムスメタチ談。)

CATEGORIES
TRACKBACKS
FC2 COUNTER
QR
QR
SEARCH
TOOLS
TOKATAKU

Thank you.
RSS LINKS
Cool Dog Site
CoolDogSite!!  
2008年4月23日に選ばれました。
blogram
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
--.--
--


--:--
Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手
2005.04
12
CM:0
TB:0
18:51
Category : Twelve Paws
家の中で昼寝をしていた3頭が、いっせいに起きてバタバタと落ち着かない。玄関のドアを見て「外に出たい。」と言う顔をしているので、ドアを開けると、3頭は転がりだして、隣のバックヤードを見ている。
その視線の先には、クロボクがいた。

クロボクも3頭を見つけ、走ってきて我が家のポーチへ駆け上がり、ドタドタバタバタ。と思ったら、さっと身を翻し、我が家のバックヤードのほうへ走って行った。
嫌な予感がして、慌ててバックドアを開けてヤードへ出ようとすると、すでにすぐそこにクロボクが尻尾をブンブン振って嬉しそうにしていた、、、またか・・・。

バックヤードに出ると、この間せいるうが乗り越えて、わたしが修理した部分がグニャリとなっていて、せいるうが「ここから外に行かれるかも~。」と後脚2本で立ち上がって試みているところ。
「せいるう、ノ~。駄目だよ。」と長女を片手に抱いたまま、反対の手でフェンスを引っ張りあげる。

クロボク

クロボクは嬉しそうに駆け回り、それをせいるうが追い掛け回し、さむらいとすざくも一緒に走り回っている。クロボクは、時々ドアのところに走って行っては家の中に入ろうとするので、「NO」と怒って入れないように阻止。

長女を片手に抱いているので、クロボクをフェンスの外に出すことが出来ない。でもせいるうがフェンスを乗り越えてしまうと困るので、バックヤードで4頭を見ていると、、、

クロボク、しっこする

去勢してないクロボク、あっちにジョ~~~こっちにジョ~~~とマーキングでオシッコするする、もうぅぅやだぁぁ!!

クロボク

と思っていたら
今度は腰を落として、ブブブッと下痢ウンチを・・・。
さすがに頭にきて、クロボクを蹴ったら、違う場所へ移動して、再びブリッブブッ。

ウンチをフンガフンガと3頭が嗅ぎまくるので、フロントヤードから重たいホースを持ってきて、洗い流した、とほほ。

せいるうの背後に回りマウンティングをしようとするクロボク、でも、せいるうは遊びたくて身をかわし後脚で立ってプロレス技を掛けるので、クロボクは一度もマウンティングに成功せず。
立派なタマタマが・・・。

我が物顔

首には人間用のベルトが。首輪、数ドルなんだから買ってあげればいいのに。

今日も長女はクロボクを見て「ヒ~~~。」と、顔を引きつらせ悲鳴を上げて怖がっていた。
長女が怖がるので、寝ていたオットに何とかしてもらおうと「また、入ってきたよ、隣の黒いあの犬。」と言いに行ったら、「むにゃむにゃ、知らないよ、そんなこと。」と。

長女を片手に抱いたままじゃなにも出来ないので、そのまま放って置くことにした。
見に行くと、クロボクは散歩用の短いリーシュをつけたままだったので、それがバックドアの敷居に挟まってドアの外側で動けなくなり、そこですっかりくつろいで、まったり。

クロブル
しばらくしてオットが起きてきたので「ほらほら。」と、時々ドッグドアに顔を突っ込むクロボクを見せると、長いワイヤーリードを持ってきてクロボクに繋ぎ、家の中を通り抜けて、我が家のフロントヤードに繋いだ。
クロボク、外で「ワンワン」と甲高い小型犬のような声で吠えている。

1時間ぐらい過ぎた頃、隣人が帰宅し、我が家のフロントヤードにクロボクが繋がれているのを見て、娘(中学生ぐらい)が慌ててやって来て、「すみませんでした。」と言ってクロボクを連れて行った。

前回、クロボクが入ってきた後、隣人が「頼まれて預かってて、うちの犬じゃないのよ。わたしたちも、嫌なんだけどね~。」と話していたっけ。嫌なのはわかるけど、でもちゃんと管理してよね・・・。
web拍手

Comment

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。