RSS
Admin
Archives

::::: T w e n t y P a w s :::::

犬達と猫と日々のこと、写真とともにひっそり綴ってます。

LATEST ENTRIES
全タイトルを表示
COMMENTS
Twitter
INFORMATION
paw001.gif便利です!! up
FC2ブログに複数の写真を
一括アップロードできます。

+++上野メモ帳+++さん作成
fc2upload.gif FC2ブログ用 ファイルアップ ロード1.0.4.2
(2011/09/28 up)

Vector FC2ブログ用ファイルアップ ロード1.0.4.2
あっという間にたくさんのファイルをアップロードできて、とってもとっても便利です。
paw001.gifHandicap Dogs
我が家の柴犬さむらいすざくについて。
paw001.gifげんぶ
2009年2月7日夕方、自宅の裏庭で地元警察の警官に銃で撃たれました。幸い命に別状はないものの、右前脚の肘関節を粉砕骨折し、手術を受けました。
カテゴリー”Gembu”に、その後の経過を書いています。
ARCHIVES
PROFILE

SSSGC

Author:SSSGC
アメリカ合衆国中西部、
住民約4千人の田舎町在住
東京都出身

>>家族<<
オット

ムスメ
長女
2004年春生まれ
二女 2006年夏生まれ

>>DOGS<<
せいるう 
秋田犬ミックス(2/28/2003) メス
・個人保護施設からアダプト

さむらい
白柴犬(5/4/2003) オス
すざく
赤柴犬く(5/4/2003) メス
・ブリーダーから購入

げんぶ
ミックス犬(3/14/2007) オス
ボーダーコリー・ポインター、ミックス(たぶん)
・生後週数で、ドッグヤードに入ってきたのを保護

ちゃこ
茶狆(10/06/2007) オス
・飼えなくなったと売りに出されていたのを購入。
12/28/2010 虹の橋へ。

5頭とも虚勢・避妊手術をしています。

>>CAT<<
ドミノ 
黒猫、裏白(誕生日不明) オス
・外暮らし
(近所で飼われていたが放置され、毎日我が家の庭へ来るようになったので、餌と水を用意。元飼い主が「欲しかったら連れて行っていい。」と言ったと、ムスメタチ談。)

CATEGORIES
TRACKBACKS
FC2 COUNTER
QR
QR
SEARCH
TOOLS
TOKATAKU

Thank you.
RSS LINKS
Cool Dog Site
CoolDogSite!!  
2008年4月23日に選ばれました。
blogram
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
--.--
--


--:--
Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手
2003.07
31
CM:0
TB:0
13:16
Category : Handicap Dogs
<さむらいとすざく、犬について考えること> 
これだけ頻繁に症状が出ているのだから、いくら外の犬舎にいたとはいえブリーダーがそれを知らなかったとは思えません。2匹の値段は相場と比べるとかなり低く、さむらいを迎えに行ったとき「遠くから来たから。」とさらにディスカウントしたので、「何でだろう、変だよね。商売なのに。」と話しながら帰ってきました。今になって、障害があることがわかっていたからではないかと考えています。

偶然に障害を持った犬が生まれた可能性もありますが、さむらいとすざくは先天性のようで、なおかつ同腹2匹が同じ症状を持っているということは遺伝的な疾患である事も十分考えられます。ブリーダーが見せてくれた、両親・父方祖父は見た目はいい柴犬でした。しかし、その子である2匹には歩行困難という障害があります。このブリーダーの犬たち、今まで生まれた犬たちに、このような障害を持った犬は本当にいないのでしょうか・・・。

2008年1月
この繁殖に関してはっきりしたことはわかりませんが、さむらいとすざくの症状は近親繁殖の可能性も考えられるそうです。

<柴犬探し>
柴犬を探すのには、ネットでのブリーダー検索・柴犬レスキューでアダプトを待っている犬・アニマルシェルター等で保護されている犬のサイト、そして新聞を利用しました。

我が家から行かれる範囲で見つかったブリーダーは、仔犬が生まれる前からすでに予約が入っていたり、出産の予定がなかったり、また値段が非常に高かったりしていて、なかなか自分たちの考えている条件と合いませんでした。

そんなある日、新聞の広告のページの犬情報の中に「柴犬、生後9週、オス・メス」と載っているのを見つけました。地元紙なので、行かれない距離ではないだろうと思い、電話番号からアドレスを検索した結果、隣の州の車で3時間ほどの場所だとわかりました。

それから1週間以上が過ぎ2匹目の仔犬の事を夫とわたしで話し合い、そのブリーダーにまだ仔犬がいたら我が家へ迎えようと言う事になり、電話をしました。実は、新聞で見つけてから結構時間がたっていたし、値段が安かったので「もう、いないだろう。」と半ば諦めてきたのですが、電話口で「オスもメスもいるけど、どっち?」と聞かれて、正直「えっ、まだどっちもいるの。」と驚きました。

その電話の後すぐにストアでクレイトと首輪を購入し、車で3時間のところを途中事故でフリーウェイが動かなくなったため6時間以上かかって、そのブリーダー宅へ行きました。フリーウェイから外れて、牧場や畑が広がり人家がぽつんぽつんとした中を走り、雑木林の中のブリーダー宅へついたときは、もう暗くなり始めていました。
犬たちは家の中でブリーダー家族と暮らしていて、仔犬たちは大事にされている、、、と、他のサイト等で読んでブリーダーと犬たちのイメージを持っていたのですが、そこは雑木林の中に屋根がなく土の上に設置されたフェンスの中に犬小屋が置かれていて、結構な頭数の柴犬や他の犬種が一部屋に2~3頭づつ入っていました。そのひとつに、まだ小さい柴犬の仔犬が2匹、「えっ、仔犬なのに外にいる・・・。」、わたしは驚きました。この時は2匹ともチョコチョコと普通に動き回っていて、それはもう「可愛い。」のひとこと。赤柴のメスはわたしたちが近くに行くとフェンスに前脚をかけて立ち上がり、こちらに興味津々。白柴のオスはブリーダーがゲートを開けると警戒するように奥のほうへ引っ込んでしまいました。こんな状況でしたが、実際にふわふわの小さな仔犬を抱き上げ、周りにいる柴犬の成犬を見たら、もう柴犬の魅せられてしまい、その仔犬を連れて帰ることしか考えられませんでした。

<ブリーダーについて>
ブリーダー選びにも問題があったと思っています。犬をブリーダーから迎えようと考えたら、いくつかのブリーダーを訪ね、繁殖や飼育環境そしてブリーダーの犬に対する考え等を自分の目で確かめ納得した相手を選ぶべきです。このブリーダーの場合、犬たちがいる環境を見てブリーダーと話をして、「なぜ、犬の繁殖をしているのだろう?????」と感じました。
予防接種は2回済んでいると言っているが証明書はなし、寄生虫の駆虫はしていない、外に居たため汚れてダニがついていて、爪は伸び放題。さむらいは気管支炎を起していても、なにもケアされていませんでした。「なんだか酷いブリーダーだな。」と思っていたのですが、さむらいに異常が見られると連絡をしたら、すざくをあげると言ってきたので、やはり変わったブリーダーだったようです。(すざくも障害があるのでいらなかったのだろうと思っています。)

<ハンディキャップドッグを通して>
障害があると、手がかかることもあります。遊び盛りなのに思うように動けずマットの上にじっとしているのを見ると、なんともいえない気持ちになり、さむらいを抱いて泣いたこともあります。他の犬が普通に歩いているのを見ると、障害がなかったら、ああやって大好きな散歩もたくさん行かれるのにと思います。サイトを読んで、さむらいとすざくに障害がなかったらと考える事も度々あります。でも、さむらいはさむらい、すざくはすざくです。障害はあるけど食べて寝て遊んでと、毎日元気いっぱいに暮らしています。

さむらいとすざくを我が家へ迎えて、繁殖についても考えるようになりました。生命をこの世に送り出す事の責任の重さを、相手が犬であろうときちんと考え、慎重になるべきです。遺伝性疾患や障害のある系統の繁殖、また無知な繁殖は絶対にするべきではないと思っています。生まれてきた小さな命にどこまで責任を持てるでしょうか。疾患や障害のある犬を見るのは辛く悲しい事です。しかし、それ以上にハンディキャップを持って生まれてきた犬自身が、犬らしい一生を送れずに過ごすことになるのです。

歩けなくなったら抱き上げる、食事を食べやすいようにする、手伝う事は出来てもさむらいとすざくの障害を治すことは出来ません。

さむらいとすざく 
 
無邪気で純粋無垢出会いらしいさむらいとすざく、もちろんせいるうも、穏やかで幸せな気持ちをわたしたちに届け続けてくれています。
web拍手

Comment

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。