RSS
Admin
Archives

::::: T w e n t y P a w s :::::

犬達と猫と日々のこと、写真とともにひっそり綴ってます。

LATEST ENTRIES
全タイトルを表示
COMMENTS
Twitter
INFORMATION
paw001.gif便利です!! up
FC2ブログに複数の写真を
一括アップロードできます。

+++上野メモ帳+++さん作成
fc2upload.gif FC2ブログ用 ファイルアップ ロード1.0.4.2
(2011/09/28 up)

Vector FC2ブログ用ファイルアップ ロード1.0.4.2
あっという間にたくさんのファイルをアップロードできて、とってもとっても便利です。
paw001.gifHandicap Dogs
我が家の柴犬さむらいすざくについて。
paw001.gifげんぶ
2009年2月7日夕方、自宅の裏庭で地元警察の警官に銃で撃たれました。幸い命に別状はないものの、右前脚の肘関節を粉砕骨折し、手術を受けました。
カテゴリー”Gembu”に、その後の経過を書いています。
ARCHIVES
PROFILE

Author:SSSGC
アメリカ合衆国中西部、
住民約4千人の田舎町在住
東京都出身

>>家族<<
オット

ムスメ
長女
2004年春生まれ
二女 2006年夏生まれ

>>DOGS<<
せいるう 
秋田犬ミックス(2/28/2003) メス
・個人保護施設からアダプト

さむらい
白柴犬(5/4/2003) オス
すざく
赤柴犬く(5/4/2003) メス
・ブリーダーから購入

げんぶ
ミックス犬(3/14/2007) オス
ボーダーコリー・ポインター、ミックス(たぶん)
・生後週数で、ドッグヤードに入ってきたのを保護

ちゃこ
茶狆(10/06/2007) オス
・飼えなくなったと売りに出されていたのを購入。
12/28/2010 虹の橋へ。

5頭とも虚勢・避妊手術をしています。

>>CAT<<
ドミノ 
黒猫、裏白(誕生日不明) オス
・外暮らし
(近所で飼われていたが放置され、毎日我が家の庭へ来るようになったので、餌と水を用意。元飼い主が「欲しかったら連れて行っていい。」と言ったと、ムスメタチ談。)

CATEGORIES
TRACKBACKS
FC2 COUNTER
QR
QR
SEARCH
TOOLS
TOKATAKU

Thank you.
RSS LINKS
Cool Dog Site
CoolDogSite!!  
2008年4月23日に選ばれました。
blogram
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
--.--
--


--:--
Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手
2009.02
26
CM:0
TB:0
20:06
Category : Gembu
今日は、げんぶの診察日。
わたしとげんぶで出かけました。
春雷か、雨と雷の午前中でした。

02-26-09_0831.jpg

デンジャラスアニマルなので、マズルを着用。

02-26-09_0833.jpg

げんぶ、車に乗って出かけるのが大好きで、走っていて車に飛び乗ります。
乗っている間は、窓から外を見ています。
が、トウモロコシ畑の景色が延々と続くので飽きるのか、しばらくするとシートに伏せてしまいます。そしてクリニックのある町に入ると、また座って外を見ています。

マズルは、住んでいる町の境界線を出たところではずしました。
車のドアは、ロックして運転しています。

今日は、術後2週間目のレントゲンを撮りました。
ドクターは「げんぶのこの骨折部分は、ものすごく悪い状態だったんだよ。」と。
genbubone.jpg  
ドクターの説明を、お絵かきエディターで。(お粗末ですみません)
左が、正常な上腕骨(片側の腕)の肘関節、青い矢印のところにはどの犬種も穴が開いているのだそうです。
(参考画像 犬の肘関節模型

真ん中がげんぶの受傷時の状態。
右側の赤い部分に銃弾が当たって、骨が砕けていたそうです。真ん中近くの赤線の部分はひびが入っています。
クリーム色の部分の骨は、上腕骨から離れてしまっている状態。

手術では、赤い砕けた骨を取り除き、クリーム色の離れてしまった関節部分を、赤い骨があった部分に持ち上げて、螺子でひびの入っている部分とともに固定してあります。
今日のレントゲンでは、ちゃんと螺子での固定は良い位置で維持されているとの事。

このソケット(関節のへこみ)部分が浅いので、前腕(手側の腕)の骨をちゃんと支えられるかどうか、今のところわからないとの事。

「今後、どうする?」と、聞かれたので、「とりあえず固定を継続して、様子を見たいと考えている。切断するのは最後の最後にしたい。切断してしまったら、もう二度と脚を戻すことはできないから。」と答えました。
それを聞いたドクターは「わたしにも、今後どうなるか、本当にどうなるか、今の時点で予測できないから、固定を続けて様子を見るのはいいと思う。」と。

元通りには絶対にならない事は、わかっているけど、器用に前足を使ってブランケットで遊んだり、おやつを食べたりしていた姿を思い出すと、どうしても切断と言う方向には、考えが向きません。

オットは「骨折によるダメージで、痛みを一生伴い、ブラーッとなったままの脚より、切断してしまったほうがいいんじゃないのか。げんぶは3本脚でも歩けるし走れるよ。最終的にどうするか、決めるのはマミーだけど。」と。



げんぶの診察が終わって先に車に乗せ、建物の中に戻り、ちゃこを犬舎から連れてきてもらいました。
が、ちゃこ、脚も胸も腹もおしっこまみれで、ぐっしょり。
患蓄が次々と来て、ドクターもスタッフもみんな忙しそうに動き回っていたので、手が足りなさそうだなぁと見ていたのだけど、こんなことになっているとは!!
ちゃこは、ドッグドアが閉まっていたりして、どうしても外に出るのが間に合わないときは、家の中でしてしまったことがあったけど、最近ではそういうこともしなくなったし、自分のハウスの中では絶対にすることはないので、相当我慢していたのか、それとも麻酔の影響で朦朧としていたのか、それにしても悲惨な姿でした。

仕方ないので、そのままクレイトに入れて、帰ってきたのですが、持っていったベッドも濡れていて、車の中はちゃこのおしっこの臭いが充満。げんぶは、ちゃこが一緒に車に乗っているので、大喜びしてました。

帰宅後、家の中にクレイトを持って入ると、ムスメたちが「ちゃこ、おかえり~。うわ~、ちゃこ、臭いよ~。おしっこのにおいがするよ。ちゃこ、どうしたの?」と。

雨の中、バックヤードに出して、排泄をさせてから、家の中にいれ、ティーツリーオイルをたらしたお湯で暖かい濡れタオルを作り、濡れている部分を拭きました。
最初は嫌がっていたけど、マッサージするようにゆっくり拭いたら、ベッドに丸まってうとうとし始め、落ち着いた様子。においもひどくなくなったので、そのままベッドに寝かせておきました。

ちゃこの写真は、またありません・・・。



今日は、クリニックにたくさんの犬や猫が来てまして、そのオーナーさんたちは「あら、脚、どうしたの?」と、げんぶを見て話しかけてくるので、「警官に、自分の庭で撃たれたんですよ。」と話をしました。
「コップに撃たれたの?」と、皆さんびっくり。
「フェンスを上って外に出たところに、隣人が帰宅して、911に電話して、駆けつけたコップ(警官)が、車を降りるなり二発発砲して、一発はどこに行ったか不明、一発は脚に当たったんです。」
待合室にいた一同、「ええ~~~。」
側に居て、話を聞いていたクリニックのナースも「あの町のポリスはどうかしてるわ!! 先週末にも犬を射殺したのよ!!」と。

クリニックに来ている人たちは、動物のオーナーだから、どんな状況にしろ、警官が犬を撃ったということに対して、驚きと怒りを持ったようです。

ラブのオーナーの女性は「わたしは、毎週日曜日に、あの町の教会に行っているのよ。犬も車に乗せて連れて行くこともあるから、首輪して、車から出ないように気をつけなきゃ。」と。

げんぶは、待合室にいたラブ・ラブの仔犬・生後5ヶ月のイングリッシュマスティフなどと、ちゃんと挨拶をして、他のオーナーさんたちにも撫ぜてもらい、クレイトの中に猫がいても黙って見ていて、レントゲン写真を撮るときもおとなしくついて行き、今日もクリニックでは一声も出さずにお利巧でした。
クリニックは、隣の隣の街なので、マズルははずしてました。(いけないのかな・・・)
スポンサーサイト
web拍手
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。