RSS
Admin
Archives

::::: T w e n t y P a w s :::::

犬達と猫と日々のこと、写真とともにひっそり綴ってます。

LATEST ENTRIES
全タイトルを表示
COMMENTS
Twitter
INFORMATION
paw001.gif便利です!! up
FC2ブログに複数の写真を
一括アップロードできます。

+++上野メモ帳+++さん作成
fc2upload.gif FC2ブログ用 ファイルアップ ロード1.0.4.2
(2011/09/28 up)

Vector FC2ブログ用ファイルアップ ロード1.0.4.2
あっという間にたくさんのファイルをアップロードできて、とってもとっても便利です。
paw001.gifHandicap Dogs
我が家の柴犬さむらいすざくについて。
paw001.gifげんぶ
2009年2月7日夕方、自宅の裏庭で地元警察の警官に銃で撃たれました。幸い命に別状はないものの、右前脚の肘関節を粉砕骨折し、手術を受けました。
カテゴリー”Gembu”に、その後の経過を書いています。
ARCHIVES
PROFILE

Author:SSSGC
アメリカ合衆国中西部、
住民約4千人の田舎町在住
東京都出身

>>家族<<
オット

ムスメ
長女
2004年春生まれ
二女 2006年夏生まれ

>>DOGS<<
せいるう 
秋田犬ミックス(2/28/2003) メス
・個人保護施設からアダプト

さむらい
白柴犬(5/4/2003) オス
すざく
赤柴犬く(5/4/2003) メス
・ブリーダーから購入

げんぶ
ミックス犬(3/14/2007) オス
ボーダーコリー・ポインター、ミックス(たぶん)
・生後週数で、ドッグヤードに入ってきたのを保護

ちゃこ
茶狆(10/06/2007) オス
・飼えなくなったと売りに出されていたのを購入。
12/28/2010 虹の橋へ。

5頭とも虚勢・避妊手術をしています。

>>CAT<<
ドミノ 
黒猫、裏白(誕生日不明) オス
・外暮らし
(近所で飼われていたが放置され、毎日我が家の庭へ来るようになったので、餌と水を用意。元飼い主が「欲しかったら連れて行っていい。」と言ったと、ムスメタチ談。)

CATEGORIES
TRACKBACKS
FC2 COUNTER
QR
QR
SEARCH
TOOLS
TOKATAKU

Thank you.
RSS LINKS
Cool Dog Site
CoolDogSite!!  
2008年4月23日に選ばれました。
blogram
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
--.--
--


--:--
Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手
2009.02
09
CM:0
TB:0
15:28
Category : Gembu
げんぶの手術が終わったと、クリニックの獣医から連絡がありました。

上腕(肩側の腕)の肘の関節部分に銃弾が当たって骨折し、その骨片が前腕の骨頭部分に当たって、そちらは7個に割れていたそうです。
それらの骨は取り出したそうです。

げんぶのこの前脚が維持できるかどうかの可能性は、50/50。
2週間様子を見て、次の段階を考えるそうです。

げんぶが4本脚でいられますようにと、毎日朝晩、祈っています。
スポンサーサイト
web拍手
2009.02
09
CM:0
TB:0
10:45
Category : Gembu
静かな朝です。
げんぶが入院して3日目です。

毎朝、ベッドの足元から顔を突っ込んで、「おきてよ~、朝だよ~。」と甘えてくるげんぶ、でも昨日も今朝もその感触はありません。

昨日の夕方、獣医から電話があり、レントゲンを撮影した結果、肘関節の骨のダメージが大きいとのこと。関節の臼のような形の側が、骨折している。
触ったり、引っ張ると、自分で脚を引っ込めるので神経の損傷はないだろうと考えている。

dogbone.jpg

治療方法としては
一番いいのは、手術でほぼ完全に肘関節を修復。大学の獣医学部の施設で手術をする、費用は3000~5000ドル。

2番目は、ピンで肘下と上の骨をつなげて、関節周りをワイヤーで固定して、肘関節が抜けないようにする。肘の動きは制限されるし、この脚を下ろして4脚歩行ができるかどうかわからない、費用は300~500ドル。

3番目は、このままなにもせずに、鎮痛剤や消炎剤を使って、自然に骨が固まるのを待つ。もちろん肘の関節は壊れたまま、多分この脚を着いて歩くことは不可能。

オットは、「一番の手術をしてあげるのがベストだけど、費用的に無理なので、2番目をしようと思っている。でも、損傷部分をいじって、本当によくなると言う保証はない、不安だ。」と獣医と話をしていました。

普段、ほとんど後悔ってしないのですが、今回は本当に悔しくて、悲しくて。
ちょっとしたことを、全部きちんと気にかけて、行動に移していれば、絶対に防げたことなので。

そして、「危険であると判断し発砲した。」と言う、若い警官。
発砲する前に、目の前にあるフェンスの中に他の犬がいるのだから、ここの家の犬かもしれないと考えなかったのか?
我が家のフロントドアまできて確認するなり、もしその場から動けないなら大声で住人を呼んでみるなりする事はできなかったのか?
自分が動けないなら、911した隣人が側に立っているんだから、車に乗って、我が家のフロントドアに行って聞いてくれと言うこともできなかったのか。

げんぶは、数メートルはなれたところからその警官を見ていた、飛び掛ったわけでも、すでに人や他の犬をかんだりしたいたわけでもない、自分の庭に人が入ってきたから警戒して、警告を発していたのに、パトカーから降りるや否や、拳銃を抜き、じっと見ていたげんぶに発砲した。

確かにフェンスの外に出て、うろうろして、唸ったげんぶが悪いのだ、そして、きちんとげんぶを管理していなかった、わたしたちも悪い。

でも、この警官の、拳銃を使うまでの時間の短さに、わたしは疑問を感じずにはいられない。
パトカーから降りると同時に、拳銃をホルターから抜いて構えて、げんぶに近づき、5メートルぐらいの至近距離で発砲した様子。
「危険だったか。」と言うけど、銃を構えて発砲した警官の、右すぐ後ろ隣には隣人男性、その右横には女性が立って、げんぶが撃たれるのを見ていたのだ。
911から、現場へ急行する要請を受けて、現場に到着しげんぶを見る前から、この警官は犬に発砲する気でいたと思う。

そんな一瞬で、真向かいから、威嚇している犬に向かっていったら、さらに激しく威嚇するという事は、犬のことを知っている人間ならわかっているし、まずそんな行動はとらない。
知らない大きな(隣人ふたりともデブ、警官もでかい)に真正面から睨まれたら、どんな犬だって威嚇して唸るだろうに。

いろいろ言っても、もう事は起こってしまったのだから仕方ない。
すべてが、げんぶにとってアンラッキーの方向に動いてしまったのだ。

ごめんなさい、げんぶ。
げんぶの脚が、よくなりますように。
web拍手
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。