RSS
Admin
Archives

::::: T w e n t y P a w s :::::

犬達と猫と日々のこと、写真とともにひっそり綴ってます。

LATEST ENTRIES
全タイトルを表示
COMMENTS
Twitter
INFORMATION
paw001.gif便利です!! up
FC2ブログに複数の写真を
一括アップロードできます。

+++上野メモ帳+++さん作成
fc2upload.gif FC2ブログ用 ファイルアップ ロード1.0.4.2
(2011/09/28 up)

Vector FC2ブログ用ファイルアップ ロード1.0.4.2
あっという間にたくさんのファイルをアップロードできて、とってもとっても便利です。
paw001.gifHandicap Dogs
我が家の柴犬さむらいすざくについて。
paw001.gifげんぶ
2009年2月7日夕方、自宅の裏庭で地元警察の警官に銃で撃たれました。幸い命に別状はないものの、右前脚の肘関節を粉砕骨折し、手術を受けました。
カテゴリー”Gembu”に、その後の経過を書いています。
ARCHIVES
PROFILE

Author:SSSGC
アメリカ合衆国中西部、
住民約4千人の田舎町在住
東京都出身

>>家族<<
オット

ムスメ
長女
2004年春生まれ
二女 2006年夏生まれ

>>DOGS<<
せいるう 
秋田犬ミックス(2/28/2003) メス
・個人保護施設からアダプト

さむらい
白柴犬(5/4/2003) オス
すざく
赤柴犬く(5/4/2003) メス
・ブリーダーから購入

げんぶ
ミックス犬(3/14/2007) オス
ボーダーコリー・ポインター、ミックス(たぶん)
・生後週数で、ドッグヤードに入ってきたのを保護

ちゃこ
茶狆(10/06/2007) オス
・飼えなくなったと売りに出されていたのを購入。
12/28/2010 虹の橋へ。

5頭とも虚勢・避妊手術をしています。

>>CAT<<
ドミノ 
黒猫、裏白(誕生日不明) オス
・外暮らし
(近所で飼われていたが放置され、毎日我が家の庭へ来るようになったので、餌と水を用意。元飼い主が「欲しかったら連れて行っていい。」と言ったと、ムスメタチ談。)

CATEGORIES
TRACKBACKS
FC2 COUNTER
QR
QR
SEARCH
TOOLS
TOKATAKU

Thank you.
RSS LINKS
Cool Dog Site
CoolDogSite!!  
2008年4月23日に選ばれました。
blogram
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
--.--
--


--:--
Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手
2009.02
28
CM:0
TB:0
20:43
Category : Twenty Paws
P2280032.jpg

せいるう、6歳になりました。
我が家のボス犬として、元気いっぱいです。

P2280001.jpg

さむらいと並んで。

P2280002.jpg

げんぶ: せいるうネエチャン、さむらいニイチャン、並んでなにしてるんだ?
せいるう・さむらい: ん?

P2280003.jpg

すざく: みんな、そこでなにしてるのかちら。
ちゃこ: おいしいものが、あるでちのか?

P2280004.jpg

せいるう: なにってわけでもなく・・・。
げんぶ: ボクも美味しいもの食べたいなぁ。

P2280011.jpg

せいるう: ごはんを食べようかなと思っていたところよ。いただきます~。

P2280012.jpg

げんぶ: あっ、せいるうネエチャン、それボクのごはんだよ!!
せいるう: えっ。

P2280018.jpg

せいるう: あ~~、げんぶにげんぶのごはん食べようとしてるところ、みつかちゃったわ。
さむらい: オレは、ちゃんと自分のごはんを食べるじぇ。

P2280021.jpg

せいるう: あ~、たべたい、たべたい、う~~ん、たべたい。

P2280024.jpg

せいるう: いただきま~す。ムシャムシャムシャ、だって、げんぶ、このごはん食べないんだもん、いらないんでしょ。
げんぶ: せいるうネエチャン、それって逆切れ・・・。

せいるうの誕生日だったけど、いつものドッグフードにチーズをちょっとだけでした。

せいるうは、ごはんのとき、自分のハウスで伏せて食べているのですが、なぜか自分のものはごはんのときに食べずにとっておいて、ハウスから出てきは、げんぶやちゃこのごはんをたべようとします。
せいるうが来て、ごはんを横取りしても、他の4頭は何もいいません。せいるうが食べているのを、横でじっと見ては、「かあちゃん、せいるうがまた食べてる。」と言いたげに、わたしの顔を見上げます。
せいるうが横取りしたときは、「NO」と言って、やめさせて、持ち主にごはんを返します。

で、せいるうは、自分のごはんはとっておいて、後で食べてます。



P2280008.jpg

ちゃこは、相変わらず、オマタ周辺をナメナメガジガジしては悲鳴を上げてます。
傷が化膿したり、変になっているわけではないのですが、触ると痛みがあるようで、でもガジガジナメナメせずにはいられないようで・・・。
そして、一騒ぎすると、スイッチが切れたように動かなくなり一点を見つめ、うつろな表情に。

P2280029.jpg
ハウスに入って、うとうとしているちゃこの横に、せいるうが寄り添っています。

P2280028.jpg

すざくは、せいるうのハウスに入ってくつろぎ中。
スポンサーサイト
web拍手
2009.02
27
CM:0
TB:0
23:46
Category : Gembu
P2131308.jpg

今日は、ボクたち、げんぶとちゃこが書きます。

それが起きたのは、2月16日土曜日、ボクがコップに銃撃された2週間後のことです。

 3nc3od3p7ZZZZZZZZZ92q7a13b52393f9189b_20090306074336.jpg

同じ町に住む、ボクたちの仲間のTaterちゃんが、コップに射殺されました。
そのときTaterちゃんのダディーとマミーは、町を離れて出かけていて、Taterちゃんは家で留守番をしていました。何かの拍子にTaterちゃんのケンネル(金網で囲んだ3~4メートル四方のもの)の扉が開いたようで、Taterちゃんはケンネルの外に出て、家の玄関の前に伏せて、時々バックヤードに行ったりしながら、道を歩く人にも車にも吠えることなく大人しく、二人が帰ってくるのを待っていたと、近所の人が言っていたそうです。

Taterちゃんの家は、町のはずれで、向こう側は一面トウモロコシ畑が広がっているところ、その辺の住人以外は、ほとんど車も人も通らないような場所です。
そんなところなのに、誰かが「犬がいる、通行人に吠えている。」と、911に通報したとコップが現れ、玄関先にいたTaterちゃんに近づいていき、おどろいたTaterちゃんが逃げて走り出すと、パトカーに乗って追いかけたそうです。

Taterちゃんは走って、0.6マイル離れた、フェアグランドに行きました。
(フェアグランドとは、年に一度、映画"グリース"に出てくる、出店や乗り物などの出る、お祭りのようなものを開催する広場。土地があるので、田舎町には、それぞれにフェアグランドがある。)
フェアグランドは、ひろ~~~い広場をぐるっと、金網で囲ってあって、門があり、コップはパトカーでTaterちゃんをグランド内に追い込み、ゲートを閉めて、そこから出られないようにして、さらにパトカーでフェンス越しに追いかけたのですが、Taterちゃんはあっちに逃げこっちに逃げして、コップは捕まえることができませんでした。

1時間ほどこの状態が続いて、Taterちゃんも疲れたらしく、走るのをやめて、地面に伏せたのだそうです。それを見たコップは、車から降りて、Taterちゃんの4フィート(1メートル20センチ)のところまで近づいて、首のところを撃ったそうです。Taterちゃんは、驚きと痛みで50メートルほど走り、そこで立ち止まって、そのコップに向かって唸ったそうです。それを見た同じコップが、頭の左側に2発目を発砲、Taterちゃんは、30メートルほど走って倒れ、虹の橋を渡ったそうです。
コップは、Taterちゃんをゴミ袋に入れ、町の廃材捨て場に持って行て、置いてきたそうです。

翌日の朝、Taterちゃんのダディーとマミーが家に帰ってきてTaterちゃんがいないと探して、近所の人に聞いて回っていたところに、コップがやってきて、事のしだいを話し、狂犬病予防接種と町の登録のタグを渡して帰ったそうです。これらのタグと一緒につけていた、名前のタグはなかったそうです。
Taterちゃんは、自分の家に帰ることができませんでした。

「犬がいる」と911に通報があったと、コップが受けた情報は「茶色いピットブル。
Taterちゃんはシャーペイとイングリッシュブルドッグのミックスで、色は、顔周りの皮膚がたるんでいて、体型はちょっと太め。ピットブルには見えないと思う・・・。

知らない人が近寄ってきたので逃げたら、追い掛け回されて、フェンス内に追い込まれた、Taterちゃん。そのコップに攻撃的でもないし、噛み付こうとしたわけでもないし、唸ったり吠えたりしたわけでもない、知らない人が車で追いかけてくるから、嫌がって逃げていただけなのに、射殺された、Taterちゃん。
こんなことって、ひどいよ、悲しいよ・・・。

Taterちゃん、怖かったこと、痛かったこと、嫌なことは全部忘れて、虹の橋の向こうで、穏やかに過ごしてね。
いつか、ボクたちとも遊んでね。

Taterちゃんは、ボクちゃこの以前のオーナーの犬です。

なんとも、不思議な縁です。
web拍手
2009.02
27
CM:0
TB:0
19:54
Category : Twenty Paws
P2271438.jpg

今ひとつ元気のないちゃこ。
げんぶとくっついて寝てます。

ちゃこは、片方が停留睾丸だったので、開腹もしました。

手術の前日に、シャンプーした後、顎の下の首の部分が毛が抜けて皮膚が赤くなり、ホットスポットが出現。ホットスポット用のスプレーの薬を処方されたのですが、お腹に傷があるので、抱き上げられず、なかなかそこにスプレーできません。
自分で、手術したところを舐めては、「キャ~~~~~、キャ~~~~~~、ひ~~~~~。」と悲鳴を上げて大騒ぎ。
痛み止めの処方がなかったので、家にあった以前処方された痛み止めを与えると、うとうとして、少しおとなしくなるけど、また悲鳴。

エリザベスカラーも、サポーターも無しなので、夫の靴下を切って腹巻にをするかと思ったり。

せいるう・さむらい・すざく・げんぶは、術後も騒ぐこともなく、いつもと変わりなくすごして、虚勢・避妊手術後が大変だったという記憶がないので、ちゃこの騒ぎようは、小型犬だから?、騒ぎやだから? それとも何かへなのか?と予測がつきにくく、戸惑ってしまう。


P2271439.jpg

北側の道路を挟んだ隣家のごみ置き場、いつもゴミ袋が放り出してあって、いろいろな犬達がごみをあさりに来る。
ここに引っ越して2年ちょっと、かなりの頻度で現れる、ジャックラッセル風のこの犬。ノーリード、首輪無し、いつもこのあたりをうろうろ、他人の庭に入って、あちこちマーキング、ゴミ箱を漁って散らかし、そのごみが風に吹かれて、道路を渡り、我が家の裏庭に飛んできます。
変な住人なので、関わらないようにしてますが・・・。



華麗なジャンプでゴミ漁り。
他人に吠えたり、攻撃しないみたいだし、大型犬ではないから、デンジャラスアニマルではなさそうなので、ポリスは出動しないらしい。
web拍手
2009.02
26
CM:0
TB:0
20:06
Category : Gembu
今日は、げんぶの診察日。
わたしとげんぶで出かけました。
春雷か、雨と雷の午前中でした。

02-26-09_0831.jpg

デンジャラスアニマルなので、マズルを着用。

02-26-09_0833.jpg

げんぶ、車に乗って出かけるのが大好きで、走っていて車に飛び乗ります。
乗っている間は、窓から外を見ています。
が、トウモロコシ畑の景色が延々と続くので飽きるのか、しばらくするとシートに伏せてしまいます。そしてクリニックのある町に入ると、また座って外を見ています。

マズルは、住んでいる町の境界線を出たところではずしました。
車のドアは、ロックして運転しています。

今日は、術後2週間目のレントゲンを撮りました。
ドクターは「げんぶのこの骨折部分は、ものすごく悪い状態だったんだよ。」と。
genbubone.jpg  
ドクターの説明を、お絵かきエディターで。(お粗末ですみません)
左が、正常な上腕骨(片側の腕)の肘関節、青い矢印のところにはどの犬種も穴が開いているのだそうです。
(参考画像 犬の肘関節模型

真ん中がげんぶの受傷時の状態。
右側の赤い部分に銃弾が当たって、骨が砕けていたそうです。真ん中近くの赤線の部分はひびが入っています。
クリーム色の部分の骨は、上腕骨から離れてしまっている状態。

手術では、赤い砕けた骨を取り除き、クリーム色の離れてしまった関節部分を、赤い骨があった部分に持ち上げて、螺子でひびの入っている部分とともに固定してあります。
今日のレントゲンでは、ちゃんと螺子での固定は良い位置で維持されているとの事。

このソケット(関節のへこみ)部分が浅いので、前腕(手側の腕)の骨をちゃんと支えられるかどうか、今のところわからないとの事。

「今後、どうする?」と、聞かれたので、「とりあえず固定を継続して、様子を見たいと考えている。切断するのは最後の最後にしたい。切断してしまったら、もう二度と脚を戻すことはできないから。」と答えました。
それを聞いたドクターは「わたしにも、今後どうなるか、本当にどうなるか、今の時点で予測できないから、固定を続けて様子を見るのはいいと思う。」と。

元通りには絶対にならない事は、わかっているけど、器用に前足を使ってブランケットで遊んだり、おやつを食べたりしていた姿を思い出すと、どうしても切断と言う方向には、考えが向きません。

オットは「骨折によるダメージで、痛みを一生伴い、ブラーッとなったままの脚より、切断してしまったほうがいいんじゃないのか。げんぶは3本脚でも歩けるし走れるよ。最終的にどうするか、決めるのはマミーだけど。」と。



げんぶの診察が終わって先に車に乗せ、建物の中に戻り、ちゃこを犬舎から連れてきてもらいました。
が、ちゃこ、脚も胸も腹もおしっこまみれで、ぐっしょり。
患蓄が次々と来て、ドクターもスタッフもみんな忙しそうに動き回っていたので、手が足りなさそうだなぁと見ていたのだけど、こんなことになっているとは!!
ちゃこは、ドッグドアが閉まっていたりして、どうしても外に出るのが間に合わないときは、家の中でしてしまったことがあったけど、最近ではそういうこともしなくなったし、自分のハウスの中では絶対にすることはないので、相当我慢していたのか、それとも麻酔の影響で朦朧としていたのか、それにしても悲惨な姿でした。

仕方ないので、そのままクレイトに入れて、帰ってきたのですが、持っていったベッドも濡れていて、車の中はちゃこのおしっこの臭いが充満。げんぶは、ちゃこが一緒に車に乗っているので、大喜びしてました。

帰宅後、家の中にクレイトを持って入ると、ムスメたちが「ちゃこ、おかえり~。うわ~、ちゃこ、臭いよ~。おしっこのにおいがするよ。ちゃこ、どうしたの?」と。

雨の中、バックヤードに出して、排泄をさせてから、家の中にいれ、ティーツリーオイルをたらしたお湯で暖かい濡れタオルを作り、濡れている部分を拭きました。
最初は嫌がっていたけど、マッサージするようにゆっくり拭いたら、ベッドに丸まってうとうとし始め、落ち着いた様子。においもひどくなくなったので、そのままベッドに寝かせておきました。

ちゃこの写真は、またありません・・・。



今日は、クリニックにたくさんの犬や猫が来てまして、そのオーナーさんたちは「あら、脚、どうしたの?」と、げんぶを見て話しかけてくるので、「警官に、自分の庭で撃たれたんですよ。」と話をしました。
「コップに撃たれたの?」と、皆さんびっくり。
「フェンスを上って外に出たところに、隣人が帰宅して、911に電話して、駆けつけたコップ(警官)が、車を降りるなり二発発砲して、一発はどこに行ったか不明、一発は脚に当たったんです。」
待合室にいた一同、「ええ~~~。」
側に居て、話を聞いていたクリニックのナースも「あの町のポリスはどうかしてるわ!! 先週末にも犬を射殺したのよ!!」と。

クリニックに来ている人たちは、動物のオーナーだから、どんな状況にしろ、警官が犬を撃ったということに対して、驚きと怒りを持ったようです。

ラブのオーナーの女性は「わたしは、毎週日曜日に、あの町の教会に行っているのよ。犬も車に乗せて連れて行くこともあるから、首輪して、車から出ないように気をつけなきゃ。」と。

げんぶは、待合室にいたラブ・ラブの仔犬・生後5ヶ月のイングリッシュマスティフなどと、ちゃんと挨拶をして、他のオーナーさんたちにも撫ぜてもらい、クレイトの中に猫がいても黙って見ていて、レントゲン写真を撮るときもおとなしくついて行き、今日もクリニックでは一声も出さずにお利巧でした。
クリニックは、隣の隣の街なので、マズルははずしてました。(いけないのかな・・・)
web拍手
2009.02
25
CM:0
TB:0
18:51
Category : Twenty Paws
ちゃこ、本日、虚勢手術のため、午前8時30分にクリニックへ。一泊して、明日帰宅です。
ちゃこが我が家に来たときに、オットが「ちゃこは去勢しないで、数年後に仔犬を。」と言って、虚勢はしないということになりました。わたしは、去勢したほうがいいと言ったのですが、却下されました・・・。
その後、ちゃこはマウンティング大王となり、開いて構わず、隙を見てはマウンティングの悪行三昧。怒ったボスのせいるうに数回ガツンとやられて、流血騒動になりました。賢さ指数は相当低いちゃこ、ガツンとやられても、学習せずに繰り返し・・・。
さすがにせいるうにはしなくなりましたが、毎日すざくのお尻にくっついては、高速マウンティングをして、ミル貝突出(それもなが~~い)、その後は恍惚とした表情。毎回、あまりにもすごいので、オットも呆れて、去勢することにし、予約を取り、今日が手術日になりました。

出かける前、ばたばたしていて写真を撮るのを忘れました。

帰宅後、天気がいいし暖かいので、バックヤードでひなたぼっこ。

P2251423.jpg

げんぶ伸縮リードをつけているので、わたしの側に。
せいるうも、わたしの足元にきて、ひなたぼっこ。

P2251427.jpg

P2251430.jpg

さむらい

P2251431.jpg

さむらいを鼻出つついて、遊びに誘うげんぶ。
でも、さむらいは遊んでくれませんでした。

P2251433.jpg

紅葉葉楓のみで遊ぶせいるうと、それを見ているげんぶ。

P2251434.jpg

同じほうを見ているさむらいとげんぶ。
鳥がいたのかな。

>>さむらいとげんぶの歩様です。<<


さむらいとすざくの症状は、良くもならず悪くもならずです。



げんぶは、歩くときは、こんな感じです。走るときは前脚一脚を固定しているとは思えないほど、きれいに走ります。
web拍手
2009.02
22
CM:0
TB:0
21:37
Category : Fish
P1301318.jpg

大型ストアで、シクリッドの餌を見ていたら、{Hikari}と言う文字が目に留まり、「あれ、なんだか日本のものみたいだなぁ。」と手にとって、裏側を見てみると

P1301322.jpg

やはり、日本の会社の製品です。

調べてみたら、株式会社キョーリン 
世界のブランド「Hikari」 私たちは観賞魚用飼料のパイオニア企業、、、だそうです。


我が家のシクリッド、この餌を喜んで食べています。
web拍手
2009.02
21
CM:0
TB:0
22:30
Category : Twenty Paws
P2221385.jpg

げんぶのハウスのドアを開けると、ちゃこが飛び込んで中をチェック。
せいるうも、げんぶのごはんボールをチェック。
せいるうのボールに入っているのと同じドッグフードよ。

P2221386.jpg

「ここは、ボクのハウスなんだからね!!」と言いたそうな、げんぶ。



さむらいにじゃれている、ちゃこ。
さむらいは相手してくれないことのほうが多いです。
web拍手
2009.02
20
CM:0
TB:0
23:17
Category : Twenty Paws
P2201371.jpg

夜遅く、みんなが寝静まってから、わたしひとりでリビングルームでパソコンを使っていたので、げんぶはハウスから出て、リビングルームで寝ていました。
ごとごとっと音がしたので振り返って見みると、すざくがげんぶのハウスの中に入っていました。

P2201373.jpg

そろそろ寝ようかなと思って、水を飲んだりトイレに行ったりしているのを見たげんぶは、自分もハウスに入って寝ようと立ち上がってハウスに行ってみると、、、そこにはすざくが。
困ったげんぶ、ハウスの前でどうしようかなと様子を見ていました。

P2201375.jpg

「かあちゃん、すざくねえちゃんがいて、ぼく、ハウスに入れないよ。」と言っているような表情で、こちらを見上げています。
しばらく、この状態が続きましたが、げんぶがハウスの前で待っていると、すざくがハウスから出てきたので、げんぶは中に入って寝ることができました。

P2201377.jpg

左前脚、変な形になってるよ、げんぶ。
web拍手
2009.02
19
CM:0
TB:0
04:13
Category : Twenty Paws


げんぶ、ハウスの周りにせいるう・すざく・ちゃこがいるので、出たいよぉと言っています。



げんぶがハウスから出てきたので、嬉しくて狂喜乱舞のちゃこ。
web拍手
2009.02
18
CM:2
TB:0
20:07
Category : Gembu
げんぶ、日中に退院後、最初の診察に行ってきました。
診察と言っても、きちんと固定されているか、包帯が外れていないかをチェックして、齧ってしまったところの包帯を巻き足して、おしまい。
「きちんと固定できてるし、クリーンな状態なので、いいですね。」と言うようなことを言われて、帰ってきました。

「ドクターの所に行くよ。」と話しかけて、リーシュをつけて、外に出ると、自分から車のところへ行って、ドアを開けるとちゃんと乗り込み、後部座席にちょこんと座って、周りをキョロキョロ。
長女も一緒に出かけたので、助手席の長女のことを覗き込んだり、わたしのことを見たり。

途中でガソリンを入れて、運転席に戻ったら、大喜びで、顔をベロベロしてくれました。前が見えない~~。

待合室でも、声を出すことなくおとなしく待っていて、クリニックのスタッフの犬や、予防接種に来たラブの子犬とも、ちゃんと挨拶して、オリコウさんでした。

ドクターに診察室に連れて行かれるときは、ちょっと嫌がってましたが、すぐにおとなしく着いていき、あっと今に包帯を巻き足してもらって戻ってきました。

帰り道、マズルを買いました。
危険犬にされてしまったので、町の規則で、家から外に出るときはマズルを着用しなければならないめです。
家について、車から家に入るまで着用、気にしてましたが、ちゃんとつけてました。
家の中に入って、すぐにはずしたので、写真は無し。

P2181359.jpg

夜、ハウスから出て、リビングルームでくつろいでいる、食後のげんぶ。
長女が、げんぶのボールにフードを入れて、「げんぶ、リビングルームでごはん食べたい? はい、どうぞ。」と持ってきてくれた、よかったね、げんぶ。

P2181363.jpg

「げんぶ。」と呼んだら、こんな顔。

P2181364.jpg

「かあちゃん、お腹いっぱいになったし、ボク眠いの。」

P2181365.jpg

「おやすみなさい。」
また寝てしまいました。

P2181374.jpg

ベッドで寝ているさむらいにバスタオルをかけたら、それを見ていたちゃこが、さむらいのベッドに入りました。

P2181376.jpg

こんな風になって、一緒に寝てました。

02-18-09_1832.jpg

椅子や踏み台の下に入るのが好きな、ちゃこ
web拍手
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。