RSS
Admin
Archives

::::: T w e n t y P a w s :::::

犬達と猫と日々のこと、写真とともにひっそり綴ってます。

LATEST ENTRIES
全タイトルを表示
COMMENTS
Twitter
INFORMATION
paw001.gif便利です!! up
FC2ブログに複数の写真を
一括アップロードできます。

+++上野メモ帳+++さん作成
fc2upload.gif FC2ブログ用 ファイルアップ ロード1.0.4.2
(2011/09/28 up)

Vector FC2ブログ用ファイルアップ ロード1.0.4.2
あっという間にたくさんのファイルをアップロードできて、とってもとっても便利です。
paw001.gifHandicap Dogs
我が家の柴犬さむらいすざくについて。
paw001.gifげんぶ
2009年2月7日夕方、自宅の裏庭で地元警察の警官に銃で撃たれました。幸い命に別状はないものの、右前脚の肘関節を粉砕骨折し、手術を受けました。
カテゴリー”Gembu”に、その後の経過を書いています。
ARCHIVES
PROFILE

SSSGC

Author:SSSGC
アメリカ合衆国中西部、
住民約4千人の田舎町在住
東京都出身

>>家族<<
オット

ムスメ
長女
2004年春生まれ
二女 2006年夏生まれ

>>DOGS<<
せいるう 
秋田犬ミックス(2/28/2003) メス
・個人保護施設からアダプト

さむらい
白柴犬(5/4/2003) オス
すざく
赤柴犬く(5/4/2003) メス
・ブリーダーから購入

げんぶ
ミックス犬(3/14/2007) オス
ボーダーコリー・ポインター、ミックス(たぶん)
・生後週数で、ドッグヤードに入ってきたのを保護

ちゃこ
茶狆(10/06/2007) オス
・飼えなくなったと売りに出されていたのを購入。
12/28/2010 虹の橋へ。

5頭とも虚勢・避妊手術をしています。

>>CAT<<
ドミノ 
黒猫、裏白(誕生日不明) オス
・外暮らし
(近所で飼われていたが放置され、毎日我が家の庭へ来るようになったので、餌と水を用意。元飼い主が「欲しかったら連れて行っていい。」と言ったと、ムスメタチ談。)

CATEGORIES
TRACKBACKS
FC2 COUNTER
QR
QR
SEARCH
TOOLS
TOKATAKU

Thank you.
RSS LINKS
Cool Dog Site
CoolDogSite!!  
2008年4月23日に選ばれました。
blogram
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
--.--
--


--:--
Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手
2009.02
17
CM:0
TB:0
19:54
Category : Twenty Paws
P2171376.jpg

ハムハムハム、ガジガジガジ。

P2171382.jpg

げんぶがハウスの中で療養生活を送るようになって、ちゃこはおもちゃでひとり遊びをするようになりました。
ひとりでおもちゃを振り回したり、ガジガジしたり。
げんぶと遊べるようになってからは、こうやっておもちゃでひとり遊びをしなくなっていたのですが、今は相手がいないので。
ぶんぶん振り回して、勢いよく遠くへ飛んでいってしまうと、どこに行ったのかわからなくて、おもちゃを見つけられないちゃこ・・・。

P2171369.jpg

げんぶのハウスの横で昼寝をするさむらい。
すざくもちゃこも、ハウスの横に来て寝ています
web拍手
2009.02
16
CM:0
TB:0
10:48
Category : Twenty Paws
P2161359.jpg

せいるうのハウスに、よれよれになった、一番古いベッドを入れてみました。

せいるうは気に入ってくれた様子、気持ち良さそうに寝ています
でも、きつきつ。

せいるうがハウスから出ていると、すざくがささっとこの中に入って丸くなってています。
web拍手
2009.02
15
CM:0
TB:0
18:18
Category : Twenty Paws
P2151315.jpg

晴天で、気温もちょっと上がり、暖かいので、お昼にみんなで外に出て日向ぼっこをしました。
風がないので、ダウンジャケットを着て座っていると、身体がほかほか、ちょっと汗ばむくらい。
5頭も、気持ち良さそうです。

げんぶの周りで、ちょっかいを出して、フガフガ言っているちゃこ。
げんぶがハウスから出てくると、喜んで、げんぶの脚にカプッと食いついて、大騒ぎ。
げんぶも楽しくて、ちゃこにちょっかいを出して遊びます。

包帯の上のところ、ちょっと齧ったので、端がほどけて、ビロ~ンとなってしまいました。
気にして口を当てているときに、「げんぶ、ノー。駄目だよ。」と声をかけると、ちゃんとやめます。何回か繰り返すうちに、齧らなくなりました。

P2151327.jpg

せいるうも、げんぶの側に来て、座っています。
時々、身体の臭いチェック。

P2151334.jpg

げんぶの後姿、なにか見ている様子。
どこからか、「コンコンコンコンコンコン」と木を叩くような音がするので、何かと思って見回したら、啄木鳥でした。
げんぶも、啄木鳥が木をつつく音を聞いて、なんだろうと思っていたようです。

P2151340.jpg

気温が上がると、夜間凍っていた土が、べたべたにぬかるみ、犬達はこんなことになります。
さむらいとすざくは、バランスを崩して地面に転がったり、泥のところに寝転がったりしているので、ぬかるんでいる日は、必ずこういう姿に。
これ、拭いてもうまく取れない、乾くと、ぱっぱと払えばきれいになるんだけど・・・。

P2151343.jpg

せいるうの横顔。
せいるう、今月末に6歳になります。

P2151348.jpg

昼間は太陽に、夜は月と星に、「げんぶの脚がよくなりますように。」とお祈りしています。
web拍手
2009.02
14
CM:0
TB:0
15:13
Category : Gembu
P2141313.jpg

ふと見たら、こんな格好で寝てました。

・ハート Happy Valentine's day ・ハート
web拍手
2009.02
13
CM:0
TB:0
21:56
Category : Gembu
P2131298.jpg

落ち着いてきたし、固定された脚で動くのも慣れてきたし、とにかく本当に本当にお利口にしているので、今日は「ハウスからでていいよ。」と声をかけると、リビングルームにでてきました。
ちゃこが、大喜びで側にくっついてます。

げんぶもアウアウ言ながら、顔をくっつけてました。

バックヤードにでて用を足して、家の中に戻ってくると、自分でハウスの中に入ります。
自分の状態をわかっているかのように、おとなしく過ごしているけど、時々外の音を聞きとっては、立ち上がって今までのように飛び出していこうとするときがあるのと、ムスメたちが動き回っているので、引っかかったり踏んだりする可能性があるので、安全のためにハウスでドアを閉めて過ごしてます。

夜、ムスメたちが寝て、げんぶが寝る前のトイレタイムにバックヤードに出るまでの3~4時間は、リビングルームでのびのびと、脚を伸ばして寝ています。
ドッグドアは閉めて、外に出られないようにしてあります。

P2131308.jpg

仲良しの2頭。
ちゃこは時々、ハウスの柵越しに、げんぶに身体をくっつけて寝てます。

P2131310.jpg

嬉しい~って、可愛い顔してるのだけど、他人には怖い顔に見えるんだろうな・・・。
web拍手
2009.02
12
CM:0
TB:0
18:29
Category : Gembu
P2121298.jpg

げんぶ、午後はハウスの中でヘソ天で寝てました。
家の中では、落ち着いて、リラックスできるようになってきたようです。
ごろんと寝返りをうったり、身体の位置を動かしたときに、撃たれた脚が変な位置になってしまい、「クイ~ン、ヒンヒン。」と、2~3回泣いてました。
一昨日、昨日は脚を気にして、寝そべるのに時間がかかっていましたが、今日は慣れてきたようで、ドッスンバッタンと寝転がってます。

P2121302.jpg

寝てるのかなと思って顔を覗き込むと、こんな可愛い表情でこちらを見上げてます。
大好きな表情。

P2121305.jpg

危険動物として町に登録しなければならないので、それようの写真を撮影。

長女が、げんぶに歌を歌ってあげると言って、ハウスの前に行き、トトロやポニョやアンパンマンの歌を歌っています。
げんぶは頭を上げて、長女の顔をじっと見つめて聞いてます。

web拍手
2009.02
11
CM:0
TB:0
20:18
Category : Gembu
P2111375.jpg

今日のげんぶ
でかいげんぶには、ちょっと小さいハウスの中で丸くなって寝てます。

発砲したのは若い警官、その10分後ぐらいに、ふたりの年配のスーパーバイザーが現場にやってきて、「凶暴で危険な犬」がいる我が家に入ってきて、げんぶの傷を確認したり、発砲した警官を擁護する発言をし、オットにチケットを切って帰っていった。

その警官達が、「若い警官は、まずペッパースプレーをげんぶにかけたけど効果がなかったので、発砲した。地面にペッパースプレーを噴射したときにできる、赤い跡が残っていたのを見た。」と事実を異なる、レポートを作成していることを、オットが、ポリスのチーフと電話で話をして、知った。

嘘ついてやんの・・・。

げんぶにペッパースプレーがかかった様子はまったく無し、撃たれた5分後の写真で、どこにもスプレーがかかっていないことがわかる。
警官が銃をしまいかけているところに、裸足で飛び出していったオットとわたし、地面のどこにも、赤い跡なんてなかった。
翌日、その場所を見に行ったけど、そんな赤い跡なんてなかった。そのときは、雨がふるまえ。だけど、写真を撮っていないし、話を聞いたのは雨が激しく降ったあと、ポリスチーフも「あの雨じゃ、もう残っていない。」と。
だから、証拠がないから、レポートに事実と異なることを書いても大丈夫だと思ったのか?

年配の警官だって、車から降りると同時に、唸っているだけの犬に発砲、それも二発、そのうち一発はミスショット、銃口は家のあるほうへ向いていたというのは、まずかったと感じて、事実ではないことを証言しているのではないのかと、思った。

P2111378.jpg

夕方、お向かいのMr.Tgaが、同じ町に住むヒューマンソシエティーのメンバーの女性を連れて訪ねてきて、その女性とげんぶの様子や、受傷直後の写真、警察からの通知書などを見て、話をした。

警察にも、もちろん犬にどう対処するかのマニュアルがあって、げんぶのケースで、いきなり発砲したのは明らかに判断ミスだと言っていた。
「ポリスは、都合の悪いことは隠蔽してしまう。もう、本当に物凄い数のいろいろなことが、隠蔽されている。動物たちも、公にされずにたくさん処分されているのよ。この件に関して、Never give upよ。発砲した警官、ペッパースプレーの跡を見たといったスーパーバイザーの二人、三人とも知っているから、あって話をしてくるわ。」と。

げんぶは、女性が家に入ってきたときには、いつもの通り、知らない人に対しての大声でワンワン、そして、自分はハウスの中に入っているのでウ~~ウ~~と唸り声を出していたが、「はじめまして、と女性がハウスの間に同じ目線の高さで座って、手を出すと、クンクン。「大丈夫だから、出してみて。と言われて、オットがドアを開けると、ゆっくりでてきて、様子を伺い、相変わらずワンワン言っていたけど、女性のジーンズや靴の臭いをかいで、自分の定位置のリビングに行って相手の動きを観察しては、わたしの顔を見上げていた。

「全然危険な犬じゃないわ、おりこうさんねぇ。ブルーの目をしてるのね、この雰囲気だと、ボーダーコリーのミックスかしら。」と、座って、げんぶと向かい合って話をして、げんぶを尻尾をぶんぶん、女性をクンクン。

「今まで、誰にも、一度も噛み付いたことないのね? 他の犬とはどう?」
ちゃこと遊んでいる動画を見せると「まぁ、上手に楽しそうに遊んでるわね~。」と。

帰りがけ、黒いジャンパーに黒いジーンズを履いたMr.Tが椅子から立ち上がると、げんぶは驚いたようで、ワンワンと吠え出し、Mr.Tが携帯電話をポケットから取り出したら、さらに大声で吠えた。
この町の警官の制服は上下黒、腰に手をやる動きは、警官が銃を抜いたときの動きに似ている、げんぶは撃たれたときのことを覚えているんだと、この様子を見てみんなで話をした。

げんぶ、怖い嫌な事は忘れてしまいなさい。
でも、フェンスの外に出たり、知らない人の側に行ったりしてはいけないという事は覚えておくのよ。
web拍手
2009.02
10
CM:0
TB:0
21:46
Category : Gembu
げんぶ、午後遅くに夫が迎えに行く、家に帰ってきました。

車がドライブウェイに止まったのを、窓から見ていました。
げんぶは、後部座席にちょこんと座って、嬉しそうな顔をして、家のほうを見ています。
フロントドアを開けると、尻尾をぶんぶん振って家に飛び込み、わたしの顔を見上げました。
撃たれた右足はしっかり固定されていますが、げんぶは器用にピョンピョンと歩いていました。

「おかえり、げんぶ。痛いし怖いし不安だったろうに、手術もして、偉かったね。」と抱きしめましたが、、、それよりも、なによりも、げんぶはそのままバックヤードへ直行、、、大量のおしっこを長~~~~~~~~~長~~~~~~~~とし、ちょっとふらつきながら大きなウンチをゴロンゴロンとして、少しだけバックヤードの中をクンクンとチェックして、家の中に戻りました。

P2101363.jpg

ムスメたちや、他の犬達がいるので、げんぶはハウスの中で療養することに。
「ハウスに入るのよ。」と言っても、ずっとひとりぼっちでクリニックのケージに入っていたためか、嫌がって入ろうとしないため、オットが抱き上げて、中に入れ、ドアを閉めました。
しばらく、落ち着かず、ハウスの中で立っていましたが、ゆっくり座って、その後横になりました。でも、まだ落ち着けないようで、目を開けたまま、回りの様子を見ていました。

ハウスに入ったげんぶを、他の4頭が次々と様子を見に来ては、口元を舐めたりしていました。
ちゃこはハウスの横で横になりじっとしていました。せいるうはちょっと離れたところに寝転がって、時々げんぶの様子を見ていました。

P2101367.jpg

2時間ぐらいすると、落ち着いたらしく、すやすやと寝始め、ハウスの周りを歩いても、ムスメたちがばたばた走り回っても、目を覚まさないくらい熟睡していました。

外に行きたくなると、立ち上がるので、右脚にスーパーの買い物袋を履かせて、伸縮リードをつけて、バックヤードに一緒に出て、用を足し、少し歩き回ると、自分で家の中に入ると、ドアのほうへ行きます。
警察から"Notice of Dangerous Animal Declaration"を渡され、げんぶは「危険な動物」にされてしまったので、外に出るときはフェンス内でも、リードをつけなければなりません。

2回目以降、外から戻って「ハウス。」と声をかけると、自分でハウスに入り、ごろんとなるようになりました。賢い犬だなぁと、一人で感心。

P2101372.jpg

ちょっとだけ、リビングルームでリラックス。
左足の絆創膏は、手術時の点滴の針を刺したところ。

げんぶが帰宅した後から、しとしと雨が降り始めました。
げんぶの涙雨、、、かな。
web拍手
2009.02
09
CM:0
TB:0
15:28
Category : Gembu
げんぶの手術が終わったと、クリニックの獣医から連絡がありました。

上腕(肩側の腕)の肘の関節部分に銃弾が当たって骨折し、その骨片が前腕の骨頭部分に当たって、そちらは7個に割れていたそうです。
それらの骨は取り出したそうです。

げんぶのこの前脚が維持できるかどうかの可能性は、50/50。
2週間様子を見て、次の段階を考えるそうです。

げんぶが4本脚でいられますようにと、毎日朝晩、祈っています。
web拍手
2009.02
09
CM:0
TB:0
10:45
Category : Gembu
静かな朝です。
げんぶが入院して3日目です。

毎朝、ベッドの足元から顔を突っ込んで、「おきてよ~、朝だよ~。」と甘えてくるげんぶ、でも昨日も今朝もその感触はありません。

昨日の夕方、獣医から電話があり、レントゲンを撮影した結果、肘関節の骨のダメージが大きいとのこと。関節の臼のような形の側が、骨折している。
触ったり、引っ張ると、自分で脚を引っ込めるので神経の損傷はないだろうと考えている。

dogbone.jpg

治療方法としては
一番いいのは、手術でほぼ完全に肘関節を修復。大学の獣医学部の施設で手術をする、費用は3000~5000ドル。

2番目は、ピンで肘下と上の骨をつなげて、関節周りをワイヤーで固定して、肘関節が抜けないようにする。肘の動きは制限されるし、この脚を下ろして4脚歩行ができるかどうかわからない、費用は300~500ドル。

3番目は、このままなにもせずに、鎮痛剤や消炎剤を使って、自然に骨が固まるのを待つ。もちろん肘の関節は壊れたまま、多分この脚を着いて歩くことは不可能。

オットは、「一番の手術をしてあげるのがベストだけど、費用的に無理なので、2番目をしようと思っている。でも、損傷部分をいじって、本当によくなると言う保証はない、不安だ。」と獣医と話をしていました。

普段、ほとんど後悔ってしないのですが、今回は本当に悔しくて、悲しくて。
ちょっとしたことを、全部きちんと気にかけて、行動に移していれば、絶対に防げたことなので。

そして、「危険であると判断し発砲した。」と言う、若い警官。
発砲する前に、目の前にあるフェンスの中に他の犬がいるのだから、ここの家の犬かもしれないと考えなかったのか?
我が家のフロントドアまできて確認するなり、もしその場から動けないなら大声で住人を呼んでみるなりする事はできなかったのか?
自分が動けないなら、911した隣人が側に立っているんだから、車に乗って、我が家のフロントドアに行って聞いてくれと言うこともできなかったのか。

げんぶは、数メートルはなれたところからその警官を見ていた、飛び掛ったわけでも、すでに人や他の犬をかんだりしたいたわけでもない、自分の庭に人が入ってきたから警戒して、警告を発していたのに、パトカーから降りるや否や、拳銃を抜き、じっと見ていたげんぶに発砲した。

確かにフェンスの外に出て、うろうろして、唸ったげんぶが悪いのだ、そして、きちんとげんぶを管理していなかった、わたしたちも悪い。

でも、この警官の、拳銃を使うまでの時間の短さに、わたしは疑問を感じずにはいられない。
パトカーから降りると同時に、拳銃をホルターから抜いて構えて、げんぶに近づき、5メートルぐらいの至近距離で発砲した様子。
「危険だったか。」と言うけど、銃を構えて発砲した警官の、右すぐ後ろ隣には隣人男性、その右横には女性が立って、げんぶが撃たれるのを見ていたのだ。
911から、現場へ急行する要請を受けて、現場に到着しげんぶを見る前から、この警官は犬に発砲する気でいたと思う。

そんな一瞬で、真向かいから、威嚇している犬に向かっていったら、さらに激しく威嚇するという事は、犬のことを知っている人間ならわかっているし、まずそんな行動はとらない。
知らない大きな(隣人ふたりともデブ、警官もでかい)に真正面から睨まれたら、どんな犬だって威嚇して唸るだろうに。

いろいろ言っても、もう事は起こってしまったのだから仕方ない。
すべてが、げんぶにとってアンラッキーの方向に動いてしまったのだ。

ごめんなさい、げんぶ。
げんぶの脚が、よくなりますように。
web拍手
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。